2017年09月25日

背の高いことにコンプレックスを持つ女子高生がビーチバレーを始めます『はるかなレシーブ』



如意自在さんの作品『はるかなレシーブ』(芳文社)

親元を離れて沖縄で暮らすことになった
背が高い事にコンプレックスをもってる大空遥(ヒロイン)は
沖縄の空港に降り立つと比嘉かなたが迎えにきていました。

これからは、かなたと一緒に暮らすことにり家へと移動すると、
家の前が海で砂浜が広がっており、
遥は嬉しくなって、何も考えずに水着になってはしゃぎだします。

そして、そこでビーチバレーの練習をしていた2人組と遭遇します。
この2人、遠井成美と立花彩紗ビーチバレーの高校チャンピオンであり、
ひょんなことから、かなたとペアを組み
ビーチバレーの試合をすることに・・・

結局、遥たちはこてんぱんに負けてしまうのですが、
実は、成美とはるかは、以前にペアを組んでいたのですが、
はるかは背が伸び悩み、ビーチバレーを諦めていました。

ビーチバレーの知識がないのですが、
そんなかなたとペアを組むことにした遥は
ビーチバレーの世界へとのめり込んでいきます。

・・・といった感じの
ビーチバレーを題材にしたスポーツ漫画です。

最近ではバレーボールの漫画が流行っているのですが、
ビーチバレーを題材にした作品というのは珍しいです。

以前にもビーチバレーを題材にした森尾正博さんの作品
ビーチスターズ』という作品があったのですが、
個人的には面白いと思っていたのですけど、
一般受けしなかったのか、一部では話題になったものの、
爆発的な人気になることはなく終わってしまいました。

『はるかなレシーブ』は説明なども多く、
初心者でもわかる展開で話が進んでいるので、
ビーチバレーに詳しくない人でも
楽しく読める作品だと思っています。

今度こそ『はるかなレシーブ』で
ビーチバレー漫画の旋風を・・・!

オススメ漫画
はたらく細胞 坂本ですが? のぼる小寺さん

ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:スポーツ
posted by Ten-Ten at 06:35| Comment(0) | オススメ漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

心霊スポットをさがして迷い込んだ集落は古き因習がある村だった『籠女の邑』



Cuvieさんの作品『籠女の邑』(講談社)

心霊スポットを探していた大学生の岩松と川名は
道に迷ってとある集落をみつけます。
その夜、偶然二人の姉妹と出会い、
その家でお世話になるのですが、
そこでは奇妙は出来事がおこります。

ここは古き因習のある家で
この2人は次々に奇妙な出来事に巻き込まれていきます。

全3巻なのですが、謎が謎をよぶだけでなく、
誰が敵で誰が味方なのか、
読み進めていくうちに疑心暗鬼にみまわれます。

複雑に絡まった人間関係が引き起こす
サスペンスホラーなので、
興味のある方は読んでみてください。

オススメ ホラー・サスペンス系漫画
  

記念日フラワーギフト「メリアルームMEN」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 18:34| Comment(0) | ホラー・サスペンス(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味吉陽一、今度は幕末へタイムスリップします『ミスター味っ子 幕末編』



寺沢大介さんの作品『ミスター味っ子 幕末編』(朝日新聞出版)

ミスター味っ子』といえば
亡き父が残した日之出食堂を
母と一緒に切り盛りする味吉陽一を描いた
グルメ漫画として有名でもありますが、
食べた人のリアクションがとても派手で
こちらでも有名になった作品です。

その『ミスター味っ子』の最終回で
味皇こと村田源二郎に勝利したところから
今回の作品は始まっています。

勝利した夜、陽一は疲れて寝てしまい、
夢をみることになります。

その夢は幕末時代で
そこで料理を作るのですが、
幕末時代には現代で使っていた
調味料や食材がそろわずに
思った味が出せないといった展開になるのですけど、
持ち前の料理センスでその時代ならではの食材を使い、
新たに料理を作ってしまうんです。

・・・といった感じで話は進むのですが、
料理を作り話が丸く収まると目を覚まし現代に戻り、
また眠る(いねむりなども可)と
幕末へとタイムスリップするといった話になっています。

『ミスター味っ子』でのライバルであった
堺一馬も夢の中に登場したりと、
なんでもありになりつつあります。
(まぁ、夢なんだから何でもありなんですけどね^^;)

『ミスター味っ子』が好きだった人は
ちょっと読んでみることをおすすめします。

オススメ グルメ漫画
  

ひかりTVブック【電子書籍】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:幕末
posted by Ten-Ten at 06:38| Comment(0) | グルメ漫画(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

ベテラン漫画家にセクハラされた漫画編集者は・・・『ウラ女子。 ~新人女子マンガ編集者の場合~』



LINDAさんの作品『ウラ女子。~新人女子マンガ編集者の場合~』(白泉社)

高校時代から漫画が好きだった橋本凛(ヒロイン)は
漫画家になりたい・・・と思っていたのですけど、
絵を描くのが苦手で諦めかけていたところ、
友達から編集者としての道をすすめられ、
出版社に就職し、漫画の編集部に配属されることになりました。

でも、仕事は忙しく、
新人を発掘することすらできずに、
自分の夢をたくせるような漫画家になかなか出会えません。

そんなときに憧れの漫画家である
超人気漫画家の眞鍋城山先生の担当になることに・・・

担当になるやいなや
インスピレーションを与えろ・・・と無理難題をつきつけられ、
セクハラまがいのことをされてしまうんですが、
ここから凛の編集者としての能力が開花していき、
新人漫画家と一緒に作品を作っていくことに・・・

・・・といった感じの
LINDAさんの『ウラ女子。』シリーズらしい作品になっています。

本当にLINDAさんの描かれる女性は
豊満で巨乳で魅力的あるキャラを描かれるんですよね。

それだけでなくストーリーも背徳感ある作品も多く、
個人的にこの『ウラ女子。』シリーズはお気に入りです。

気になった方は他のシリーズと一緒に読んでみませんか。

オススメ ちょいエロ系漫画
モンクロチョウ 水色の部屋 分校の人たち

動画配信サービス「プレミアムTV with U-NEXT」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:編集者漫画
posted by Ten-Ten at 18:47| Comment(0) | ちょいエロ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひと昔前の女子高生の平凡な日常を描いた『乙女のてにをは』



るなツーさんの作品『乙女のてにをは』(小学館)

この作品なのですが、
平凡な女子高生たちの何気ない毎日の日常を
そのまま切り取って描いた
やんわりとした1話完結の短編作品です。

時代はひと昔まえの昭和のニオイがしており、
ノスタルジックさを感じさせる作品で、
現代の女子高生とは違って
ちょっとおっとりとした雰囲気がまたいい味をだしており、
思春期の頃を思い出すような作風です。

今の若者たちには
ちょっと物足りなさを感じるような作風かもしれませんけど、
ひと昔まえの携帯やスマホなどが無かった時代を
知っている人たになら、
多分、懐かしんで読める作品だと思います。

ちょっとタイムスリップした感じの作品ですが、
思春期の頃を思い出しながら
読んでみるのもいいかと思いますよ。

オススメ漫画
推しが武道館いってくれたら死ぬ 千早さんはそのままでいい ふらら一人でできませんっ

ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:女子高生
posted by Ten-Ten at 06:49| Comment(0) | オススメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする