2017年06月28日

アラフォー男性が酒を酌み交わしながら料理を食べる語っているだけです^^;『町田ほろ酔いめし浪漫 人生の味』



鈴木マサカズさんの作品『町田ほろ酔いめし浪漫 人生の味』(日本文芸社)

この作品なのですが、
東京都の町田市を舞台に、
鴨葱安二郎と鶴亀大作という
町田生まれで町田育ちの2人のアラフォー男が
お酒を酌み交わしながら料理を食べている・・・
ただ、それだけの作品です^^;

とはいえ、作品にはそれぞれ
話の話題になる料理が登場し、
それについて語り合っている2人の間が
なんとも言えなくて・・・
そして哀愁が漂っていています。

ちょっと変わったグルメ作品なのですが、
読み進めれば進めるほど、
アラフォーという年齢だからこそ、
語れるような味わいのある話作りに
この作品の世界に引きこまれてしまいました。

ある程度の年齢になればこそ
この作品の良さがわかると思いますので、
登場人物と同じぐらいのアラフォーの人なら
共感が持てて楽しく読めると思います。

オススメ グルメ漫画
  

冷え症対策「ヒュウガトウキ EX.ライト」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 06:04| Comment(0) | グルメ漫画(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

「好き」が伝わるサイレント漫画『好きって言うのに、言葉はいらない』



佐木郁さんの作品『好きって言うのに、言葉はいらない』(ワニブックス)

この作品なのですが、
「好きって言うのに、言葉はいらない」と、
タイトルにうたわれているように、
女の子が男性を好きになる様子を
言葉(セリフ)がないサイレント漫画になっています。

女性なら、こんな感じで恋をするのだろう・・・
そんなシチュエーションが
サイレント漫画としていくつも描かれています。

これは女性に読んでもらいたい作品なのですが、
男性はこのようにすれば
女性にモテるかもしれないので、
男性にも読んで勉強してもらいたいです^^;

個人的にサイレント漫画は
絵や人物の表情だけで伝えなければならないので、
漫画として究極の手法だと思っています。

なので、サイレント漫画として
十分楽しめる作品にもなっていますので、
気になる方は読んでみてください。

オススメ 女性向け漫画
  

カイシン「青汁・プロ」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 19:05| Comment(0) | 女性向け漫画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女装癖のある男の子3人が知り合って・・・『ぼくらのへんたい』



ふみふみこさんの作品『ぼくらのへんたい』(徳間書店)

オフ会で集まった3人の美少女・・・のように見えるのですが、
実は女装コミュニティを介して知り合った3人だったんです。

純粋に女の子になりたい青木裕太(まりか)、
死んだ姉の代わりに母のために女装している木島亮介(ユイ)、
恋した先輩に求められるまま女装している田村修(パロウ)、
それぞれ、違う理由で女装しているのですが、
次第に3人の間に奇妙な関係が・・・

かなり変わった女装癖のある男の子のお話です。

最近では女装癖のある男の子(男性)の作品が多くあるのですが、
この作品はいろんなタイプの女装子の心理が描かれ、
こういった女装子好きにとってはハマるのではないでしょうか。

ふみふみこさんの作品は女性に人気なのですけど、
この作品は男性でも気軽に読めるような内容ですので、
『ぼくらのへんたい』から
ふみふみこさんの作品を知るのもいいかもしれませんよ。

オススメ漫画
推しが武道館いってくれたら死ぬ 千早さんはそのままでいい ふらら一人でできませんっ

フジテレビ公式動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
タグ:男の娘 女装
posted by Ten-Ten at 05:57| Comment(0) | オススメ漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

おっぱいの声が聞こえる特殊能力をもった男を描いた『必撮!パイパイトーク』



みこくのほまれさんの作品『必撮!パイパイトーク』(竹書房)

アイドルのグラビア撮影を中心に活動するカメラマンの
桜田守(主人公)は妙な特殊能力を持っていました。
それは・・・おっぱいの声が聞こえるんです。

おっぱいにより、恥ずかしがり屋だったり、
食いしん坊だったり、下ネタを言ったり、
それぞれの女の子の心の声が聞こえてくるように
桜田の耳にはおっぱいの声として聞こえ、
その声により、アイドルの心も読み取れるのか、
いいグラビア写真が撮れて、
桜田が撮影した写真集は売上もかなりあるんです。

でも、おっぱいの声が聞こえることにより、
女の子とすら付き合ったこともなかったのですが、
アシスタントのこまこちゃんのことが気になりだすのですが・・・

・・・といったかんじの、
おっぱい好きによるおっぱい好きのための
おっぱいマンガです。

個人的にですが、
みこくのほまれさんの作品が大好きで、
いつもいつもおっぱいに目がいくんですよね。
今回もたくさんのおっぱいが見れて幸せでした。

でも、ただのおっぱい漫画ではなく、
純愛漫画としても楽しめる作品なので、
おっぱい&純愛漫画が好きな人にオススメです!

オススメ ちょいエロ系漫画
  

美容グッズ『シャンディ』


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
タグ:ちょいエロ
posted by Ten-Ten at 19:35| Comment(0) | ちょいエロ漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼろアパートで繰り広げられる名作ラブコメディ『めぞん一刻』



高橋留美子さんの作品『めぞん一刻』(小学館)

五代裕作(主人公)の住むボロボロのアパート「一刻館」に
管理人としてやってきた音無響子が繰りなす
初期の高橋留美子さんの恋愛漫画です。

『めぞん一刻』はアニメやドラマ、映画化などもなり、
知っている人も多いので内容はあまり書きません。

この作品なのですが、
僕が初めて読んだ青年漫画なんですよね。
ちょっと背伸びをしながら読んでいたので、
わからない部分なども多々ありました。

当時はそれなりにわかったつもりでいたのですが、
完結し、何度も何度も読んでいるうちに、
自分も大人になりストーリーの奥深さがわかるようになり、
今では目をつむると内容がリフレインしてきます。

それだけ読み込んだ作品なのですが、
ラスト付近の五代のセリフは今でも泣けます。

初期の作品である『うる星やつら』『めぞん一刻
この2作品が強烈過ぎだったから、
最近の高橋留美子さんの作品は
ハマらなくなってしまったのかも・・・
だからこそ『めぞん一刻』も『うる星やつら』も
名作といっていいんですよね。

オススメ漫画
からかい上手の高木さん ひゃくにちかん!! ちおちゃんの通学路

ひかりTVブック【電子書籍】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
タグ:ラブコメ
posted by Ten-Ten at 06:13| Comment(0) | 名作漫画(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする