2018年01月22日

アイドルを目指し片田舎から上京してきた少女を描く『きらめきのがおか』



ゴトウユキコさんの作品『きらめきのがおか』(講談社)

岡山の片田舎から上京してきた
岡部花子(ヒロイン)18歳は、
東京の「煌めきノヶ丘」に下宿することになりました。

花子の父親は亡くなる前に、
大学に入学し、スカウトされ、
スーパーアイドルになり、
岡山の岡部葡萄組合の架け橋となるという
無茶な約束を叶えるためにやってきたのです。

「煌めきノヶ丘」に住むかなり癖のある住人に囲まれ
花子のアイドルになるという夢を追う新生活が始まりました。

この作品なのですが、
今までのゴトウユキコさんの作品は
思春期の男の子が主人公で
影のある感じの少し重たい雰囲気の作品が多かったのですが、
この作品は女の子がヒロインで、
今までとちょっと違った雰囲気で描かれています。

田舎者すぎて都会になじめない花子なのですが、
とことん明るい性格なので、
花子を応援したくなるような作風なので、
読んでいて元気をもらえる感じがしますので、
気になった方は読んでみてください。

オススメ ほのぼの系漫画
  

デジ同人「DiGiket.com(デジケット・コム)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 08:13| Comment(0) | オススメ漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

北海道の美術系大学での性春キャンパスライフ『少年よ大志を抱け!』



花見沢Q太郎さんの作品『少年よ大志を抱け!』(少年画報社)

「広大な北海道のキャンパスで絵やデザインを学ぼう!」
こんな夢のような文句につられて
オホーツク大学になってきた日比野龍一郎(主人公)は
網走よりも北にある北海道でも北寄りの場所にあり、
キャンパス内を移動するのにも一苦労な
とんでもない大学にやって来ました。

この大学ではデザインを勉強するはずだったのですが、
一目惚れをした如月梨帆に誘われ、
龍一郎は童貞を捨てることになったのですが、
彼氏が帰ってきたといわれ、窓から脱出することに・・・

そして、自分の部屋の鍵を無くして
入ることができなくなっているところを
下の部屋の麻生朋絵の部屋に泊めてもらい、
朋絵と一緒に寝ることになり、ここでもエッチしてしまい、
童貞を捨てた日に2人の女性と関係を持つことに・・・

こんな感じで龍一郎の
青春キャンパスライフならぬ、
性春キャンパスライフが始まりました。

かなり強引な感じの展開はあるものの、
花見沢Q太郎さんの柔らかいタッチで描く
可愛らしい女性キャラがエッチするのは
たまんないんですよね。

本当にこんな大学があるのなら
入学してみたいですよね^^;

オススメ ちょいエロ系漫画
 いちきゅーきゅーぺけ ヒメゴト 十九歳の制服

動画配信サービス「プレミアムTV with U-NEXT」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ちょいエロ
posted by Ten-Ten at 19:02| Comment(0) | ちょいエロ漫画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生をやり直すためのツアーだったのだが・・・『迷家 ~ツミトバツ~』



原作:Project迷家 作画:富士昴さんの作品
迷家 ~ツミトバツ~』(小学館)

この作品なのですが、
2016年にTVアニメの「迷家-マヨイガ-」の
コミカライズ作品です。

過保護に育てられ、自分の居場所はどこなのか・・・
そんなことを悩んでいた光宗(主人公)は
「第一回人生やり直しツアー」というのに
幼馴染の颯人と参加することにしました。

このツアーには人生をやり直したいと思っている
30人の男女が参加しており、
閉鎖された謎の村「納鳴村」に行こうとするのですが、
途中、ツアーバスが通れなくなるほどの道のせまさ・・・
バスをおりた参加者は歩いて「納鳴村」に向かうことになりました。

やっと見つけた「納鳴村」なのですが、
ここは村人が一人もいない廃墟そのもので
「行方不明者がコミュニティを作って暮らしている」
と聞かされていた参加者たちは不信感を抱くようになり、
奇妙な怪奇現象などが起こるようになり、
参加者は下山を試みるのですが出られなくなってしまいました。

この「納鳴村」というのは何なのか・・・
そして参加者の運命は・・・

TVアニメは1度も見たことがなく、
ストーリーは気になっていたのと、
コミカライズ化されるという話は知っていたので、
コミックが出るのを待って読んでみましたが、
サスペンスが好きな人は絶対にハマるような内容です。

作品内でも参加者の心理描写や疑心暗鬼になっていく様子など、
かなり面白い作品になっています。

ヒロインの真咲がかなり鍵を握っているのはわかるんですが、
アニメを見た方はネタバレしないように・・・^^;

オススメ ホラー・サスペンス系漫画
  

パワーストーンアクセサリーの「Fairy Kiss」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:サスペンス
posted by Ten-Ten at 08:05| Comment(0) | ホラー・サスペンス(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

似た者同士の2人が熱弁しあいます『哲学さんと詭弁くん』



里好さんの作品『哲学さんと詭弁くん』(富士見書房)

クラスではちょっとボッチ気味だった木辺くんは
清掃活動として好きな者同士でグループを作るときに
予想通りグループにはいることができなく、
一人取り残されてしまったのですが、
実は女子にも一人取り残された者(折口さん)がいて、
一緒に清掃活動を行うことになりました。

清掃活動中に口を開いた折口さんなのですが、
何故か哲学的な設問を投げかけてきて、
それに答えようとした木辺くんなのですが、
折口さんにとっては詭弁にしかきこえず、
そのまま詭弁くんとアダ名をつけられました。

こんな二人の熱弁を描いた
ちょっと硬い文章が連なる作品になってはいるものの、
コメディとしても捉えられるように描かれており、
ツボにハマる人は意外に多いのではないでしょうかね。

この2人・・・ボッチだったということもあり、
似たもの同士で意外に相性がいいのかも・・・
ちょっと変わったラブコメ作品としても楽しめますので、
気になった方は読んでみてください。

オススメ漫画
富士山さんは思春期 最後のレストラン 働かないふたり

ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ラブコメ
posted by Ten-Ten at 08:21| Comment(0) | 女性向け漫画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

思春期の男女にはいろんな悩みをもっています『いんらんベイベー』



森井暁正さんの作品『いんらんベイベー』(講談社)

爽やかでカッコイと女性とにも人気の常願寺平助(主人公)は
ちょっとした悩みがあり親友のタケルに相談することに・・・

常願寺くんの悩みとは
同じクラスでナナメ前の席の江口千尋(ヒロイン)を見てるだけで
勃起してしまうという悩みなんです。

これは思春期ならではの悩みで
「恋」ではないかとタケルに言われて、
常願寺くんは江口さんの事を意識するようになります。

常願寺くんのする妄想は
日に日にエスカレートしていき、
とどまることを知りません。

・・・とはいえ、そこら辺にあるエロ漫画とはちがい、
思春期ならではの妄想爆発はするものの、
見ていて恥ずかしくなるような
かわいいかわいい妄想ストーリーです。

こういった思春期特有の雰囲気が好きな人には
あるいみたまんないのではないでしょうかね。
個人的にかなりハマっている作品ですので、
気になった方はチェックしてみてください。

オススメ ちょいエロ系漫画
いびつ うそつきパラドクス 生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている!

サントリーウエルネスオンライン


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:思春期
posted by Ten-Ten at 20:02| Comment(0) | ちょいエロ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする