2020年07月09日

真逆の恋愛観を持つ男女が繰り広げるラブコメディ『恋するふくらはぎ』



吉谷光平さんの作品『恋するふくらはぎ』(秋田書店)

勉強、就職、仕事・・・
人生は戦いの連続だ・・・と、
女性にうつつを抜かす時間はないという
人生哲学を持つ見栄晴彦 27歳 童貞。

今までは女性なんて目もくれなかったのですが、
毎日、職場でお茶を入れてくれる後輩の表うららに
ときめきを感じ始めました。

でも、実はうららは軽い女で、
どちらかといえばビッチ系だったのですが、
次の恋は結婚を前提に
真面目な恋をしようと思っていて
目をつけたのが晴彦だったのです。

晴彦は童貞だと思われず、
恋の先手をうちたいと思いながらうららに接し、
うららは逆にビッチだとバレないように、
おしとやかな女性を演じる・・・という
ちぐはぐな恋愛模様を描いた作品になっています。

お互いが秘密を隠しているのですけど、
それをわかってか知らずなのか、
微妙に接するため不器用になってしまう感じが
とても面白く描かれていますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ漫画
美魔女の綾乃さん 目黒さんは初めてじゃない お兄ちゃんはおしまい!

auの電子書籍ストア【ブックパス】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ラブコメ
posted by Ten-Ten at 06:42| Comment(0) | オススメ漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

食材にひと手間加えるだけの裏技グルメ漫画『あたりまえのぜひたく。』



きくち正太さんの作品『あたりまえのぜひたく。』(幻冬舎)

この作品なのですが、
作者であるきくち正太さんの家に
毎度毎度、口うるさい厄介者の編集者が現れ、
料理についてうんちくをのべたりします。

そんな編集者を黙らすかのように
普通の食材にちょっと手間を加えた料理でもてなす・・・
そんなグルメ漫画になっています。

ちょっとした下ごしらえや調味料を加えるだけで、
料理の味が美味しくかわる・・・
そんな裏ワザのようなことも描かれています。

料理に詳しくない人でも
それほど手間をかけずに料理がおいしくなる・・・
そんな裏ワザを読みながら覚えるのはどうでしょうか。

本格的な料理は大変でしょうけど、
一手間で美味しく変わるので、
美味しい料理を作って食べる・・・
そんな贅沢な時間を過ごすのもいいかもしれませんよ。

【PR】オススメ グルメ漫画
ワカコ酒 まどろみバーメイド 綺麗なおねえさんと呑むお酒は好きですか?

ハーレクイン公式ネットショップ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 06:04| Comment(0) | グルメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

彼女の姿をしたアンドロイドとの暮らし『彼女はもう死んでいるのに!』



時計さんの作品『彼女はもう死んでいるのに!』(小学館)

人間とアンドロイドが共存する世界で
アンドロイドよりも不出来だからという理由で
親に捨てられてしまった御徒町朱(16歳)は
生きていくためにに職業案内所にやってきました。

そこで、管理人が長く続かない・・・
変わり者の姉弟が住むアパートの管理人として
住み込みで働くことになりました。

姉の桜庭霞は体が弱く料理下手・・・
弟の千秋はアンドロイドを治す医師をしており、
変わり者とは言われていたのですけど、
朱を家族として受け入れてくれたのです。

でも、そんな暮らしは長く続かず、
病弱だった霞が死んでしまったんです・・・

アンドロイドの治療をしている千秋は
自分の持っている知識と、霞の記憶などを元に、
霞のアンドロイドを作ったのですが・・・

・・・といった感じで描かれる
切なくも心温まる作品になっています。

すごくいい作品なのですが、
読み終わると心にぽっかりと穴があいた感じになる・・・
そんな切ない作品になっていました。

この作品・・・本当にいい話なので、
ネタバレをしたくないので詳しく書きませんが、
かなりオススメな作品ですよ。

【PR】てんさんのオススメ 女性向け漫画
ルポルタージュ サトコとナダ 僕の彼女は最高です!

ひかりTVブック


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 07:57| Comment(0) | 女性向け漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

幼馴染とともに都市伝説の「記憶屋」を探し出す『記憶屋』



原作:織守きょうやさん 作画:村山なちよさんの作品『記憶屋』(スクエニ)

この作品なのですが、
織守きょうやさん原作の同タイトルの小説『記憶屋』の
コミック版になっています。

大学生の吉森遼一は都市伝説の
流布についての研究を行っていました。

ある日、先輩の杏子が暗い道が怖いといいだし、
一緒に帰るようになるのですが、
その時にトラウマの理由を聞くことになるんです。

そして、噂になっている都市伝説の「記憶屋」を思い出し、
調べるようになるのですが、
杏子もその「記憶屋」のことを探し出すんです。

ある日、杏子を暗闇で見かけるのですが、
その時には暗いところが怖い・・・という記憶も
遼一の記憶もなくなっていたんです。

どうやら記憶屋にあったらしいのですが、
それと同じように記憶を失くした幼馴染を思い出し、
記憶屋というのが本当にいるのか調べるようになるんです。

・・・といった感じで描かれる
ミステリーホラー作品になっています。

僕の文章では上手く伝わらないと思いますけど、
読みだすと絶対にハマるミステリー系の作品になっていますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
寄生獣 リバーシ ノイズ ヒル・ツー

国内最大級の総合電子書籍ストア BookLive!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 07:50| Comment(0) | ホラー・サスペンス(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

衝撃的な出会いから始まる狂気なストーリー『R402』



中村卯月さんの作品『R402』(少年画報社)

役所に勤務している笹本は
いつもと同じ時間の電車の同じ車両、
同じ座席に座り、通勤をしていると、
前の座席に女性が座っていました。

いつも同じ時間の列車なので、
乗客の顔もある程度は覚えているのですが、
前に座っている女性は初めて見るようで・・・

すると、その女性は笹本の視線に気づいたのか、
閉じていた足を開きだしたのです。
そして笹本の前に立ちクネクネと腰を動かしだすと
その女性の股間からローターが落ちたんです。

それを誰にも見られないように拾い、
電車を降りていった女性へと渡そうとしたのですが、
その手を払われてしまったんです・・・

こんなことが起こったのを忘れて、
役所でいつものように働いていると、
偶然に電車の中で出会った女性(土師美幸)が
転入届をもって笹本のカウンターへとやってきたのです。

そして、土師が笹本を強引にトイレに連れ込み、
自分からエッチなことを誘ってきたので、
笹本は手を出してしまうことに・・・

もともと人付き合いが苦手な笹本なのですが、
衝撃的な出合いだった土師のことが忘れられず、
職員の特権を利用して住所や今までの履歴など調べると、
そんな時に土師からの誘いがあり、
彼女の住むマンションの402号室に行くことに・・・

・・・といった感じで始まる
ちょっとサイコパスが漂うちょいエロ作品になっています。

今まで人付き合いが苦手な笹本だったのですが、
少しずつ土師に惹かれていき、
気付けば今までの生活の歯車が少しずつ狂い始めてくるんです。

読み始めたら続きが読みたくなる・・・
そんなストーリーになっていますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ちょいエロ系漫画
性食鬼 落日のパトス 私だってするんです

デジ同人「DiGiket.com(デジケット・コム)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ちょいエロ
posted by Ten-Ten at 08:23| Comment(0) | ちょいエロ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする