2017年10月06日

ホラー漫画家の2人が強力なタッグを組んで描かれるリアルな実話系ホラー漫画『赤異本』



原作:高港基資さん 作画:外薗昌也さんの作品
赤異本』(日本文芸社)

この作品なのですが、
原作を外薗昌也さん、作画を高港基資さんと
ホラー漫画家の2人が強力なタッグを組んでだされた
黒異本』の続編にもあたる作品です。

前作と同様にリアルな実話系の話で描かれているので、
臨場感があるだけでなく、
高港さんの絵がさらに怖さを増しています。

今回は百物語形式の語り口になっていて、
実際に体験した感じがいい味をだしており、
その場で怪談話を聞いているかのようで、
この世界観に引きこまれていく感じがしました。

『黒異本』『赤異本』とは漫画でしか読んでいないのですけど、
小説版もでているようなので、
こういった体験談の怪談は好きなので、
今度、小説も読んでみようかと思っています。

外薗昌也さんはホラー系の作品を手掛ける度に、
自分に・・・身内に・・・不幸が襲ってくるみたいですけど、
外薗さんの作品は本当に臨場感がある話が多く、
個人的にはホラー作品を書き続けていって欲しいかと・・・

オススメ ホラー・サスペンス系漫画
  

アイリスプラザ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ホラー
posted by Ten-Ten at 19:20| Comment(0) | ホラー・サスペンス(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世の中のすべてはすべて下ネタで考えられる『下ネタで考える学問』



相原コージさんの作品『下ネタで考える学問』(双葉社)

普段、学問などを勉強しようとすると
専門用語などがずらりとならんでいたりして、
難しく感じ、途中で挫折してしまいそうになったりしますよね。

そういった難しい学問を気軽に読めるように漫画にしてあるだけでなく、
ちょっとふざけた感じで下ネタとして学問について考えており、
気軽に入り込めるような作品にしあがっています。

大人になればなるほど、学をつけるのに手間取るのですが、
こういった感じで気軽に読むことができれば、
ちょっとした雑学として身につくだけでなく、
下ネタまじりで誰かに伝えれば話題になると思います。

男ってこういったギャグが好きですし、
年齢が増すごとにエロも好きになってきます。
笑いながら楽しく読んで、
そして知識をつけるというのもいいと思うので、
興味がある方は読んでみることをおすすめします。

オススメ コミックエッセイ
  

LCLOVE COSMETIC


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:下ネタ
posted by Ten-Ten at 08:17| Comment(0) | コミックエッセイ(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする