2017年10月10日

あの「闇狩人」が帰ってきた!『新闇狩人』 あの「闇狩人」が帰ってきた!『新闇狩人』



原作:坂口いくさん 作画:細川真義さんの作品
新闇狩人』(スクエニ)

法で裁かれぬ悪というのはどの時代にもあり、
その復讐を代行する「闇狩人」。

いわば現代の「必殺仕事人」ともいえる存在で、
どのような状況であろうと、悪を始末してくれます。

昔に『闇狩人』という作品が
原作者の坂口いくさんが描かれていたのですが、
その続編にあたる作品です。

高校生の士堂瑠璃(ヒロイン)は、
漫画家を夢見ながら執筆活動をしているのですが、
裏では「闇狩人」としても活動もしています。

そんな瑠璃なのですが、
憧れの漫画家であるあいだたけしの元で
アシスタントすることに決まりました。

このあいだたけし(本名 間武士)は
以前、売れない漫画家をしていた頃には
「闇狩人」をしていた人間で、
漫画が売れるようになってから「闇狩人」を休業しています。

瑠璃が「闇狩人」をしているということは知らず、
今後、この2人がどのように「闇狩人」として接するのか、
また、過去の「闇狩人」たちが登場するのか・・・
坂口さんが描いていた頃の「闇狩人」が好きだった僕としては
どのような展開になっていくのか楽しみで仕方がありません。

今の人は『闇狩人』という作品を知らない人が多いと思うのですが、
↑でも書きましたが、現代版の「必殺仕事人」といった感じなので、
「仕事人」が好きな人には読んでもらいたい作品です。

オススメ ホラー・サスペンス系漫画
  

パワーストーンアクセサリーの「Fairy Kiss」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:サスペンス
posted by Ten-Ten at 18:57| Comment(0) | ホラー・サスペンス(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月ちゃんは今日も日本語を頑張って覚える『月とにほんご 中国嫁日本語学校日記』



井上純一さんの作品『月とにほんご 中国嫁日本語学校日記』(メディアワークス)

『中国嫁日記』では日本人と中国人との生活習慣の違いとかを
面白おかしく描かれていたのですが、
今回の『月(ゆえ)とにほんご』では、月ちゃんが日本語学校に通い、
日本語について奮闘する作品になっています。

『中国嫁日記』にハマっているので、
『月(ゆえ)とにほんご』も本当に面白かったです。
読んでいると文章が片言ばかりなので、
その言葉が伝染ってしまいそうになります^^;

日本人でも知らないような日本語も多少でてきているので、
今の若い人には日本語の勉強にもなる本ではないでしょうかね。

少し前に流行った『日本人の知らない日本語』も
本当に日本人が知らないことも書いてあったりしたので、
こういったコミックエッセイは読んでいて楽しいです。

日本語に関してのコミックエッセイが好きって人には
『中国嫁日記』『月(ゆえ)とにほんご 中国人嫁日本語学校日記』
の両作品はかなりオススメ出来る作品ではないでしょうかね♪

オススメ コミックエッセイ
  

サントリーウエルネスオンライン


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:外国人