2017年10月13日

ブラックユーモアな作品が詰まっています『テリトリー』



此元和津也さんの作品『テリトリー』(幻冬舎)

この作品なのですが、
此元和津也さんの初の作品集で、
かなりブラックユーモアな話ばかり詰まっています。

内容がかなりグロテスクな部分などもあるのですが、
ついつい引き込まれてしまうような話の展開で、
個人的には恐怖しながらも
かなり理不尽な展開もあるのですが、
気になって一気に読んでしまうほど
独特な世界観が広がっていました。

この作品なのですが、
現代人の心の闇を描いたようにも思える作風に
読んだあとに、なにかモヤモヤしたものが残る感じがし、
何か自分の中にも
このようなどす黒いモノがあるのでは・・・
なんて感じることもあるのですが、
この作品に描かれているようなことをすれば
犯罪行為になるのでしませんけどね。

こういった話が好きで、
漫画は漫画と思って割りきって読める人にだけに
読んでもらいたい作品です。

かなりブラックなないようなので、
心を持っていかれないように気をつけてくださいね^^;

オススメ ホラー・サスペンス系漫画
  

サントリーウエルネスオンライン


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 20:03| Comment(0) | ホラー・サスペンス(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天才と呼ばれる人も凡才といわれる人も自分のことばかり考えています『僕らは自分のことばかり』



ハルノ晴さんの作品『僕らは自分のことばかり』(講談社)

あなたは天才ですか?それとも凡人ですか?

子供の頃は自分が何にでもなれる・・・と思い、
がむしゃらにチャレンジして、
周りの人よりもできる・・・と思っていても、
学年が変わり、新しくなったクラスで
自分よりもできる天才にであったら、
今までの自分はなんだったのか・・・
なんて感じてしまうことってありますよね。

そんな天才に出会ったとき、
少年少女たちはどのように思うのか・・・
嫉妬してしまうのか、憧れにかわるのか、
一緒に頑張ろうと思うのか・・・
様々なシチュエーションで
少年、少女たちの心を赤裸々に描いた作品です。

天才とよばれる人は
元から天才・・・だったという人だったり、
努力して天才とよばれるようになった人だったり、
天才とよばれる側の人物も細かに描かれており、
両方の側から共感を得られるストーリーになっています。

自分の少年時代と重ねあわせて読むと、
あの頃、同じようなことがあったなぁ~
なんて思い出すかもしれませんので、
気になった方は読んでみてください。

オススメ漫画
ばらかもん おとなりボイスチャット 恋は雨上がりのように

電子タバコ「リキッドスカイ」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:思春期
posted by Ten-Ten at 08:18| Comment(0) | オススメ漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする