2017年10月24日

タッグマッチは無限の可能性『キン肉マンⅡ世 究極の超人タッグトーナメント編』



ゆでたまごさんの作品
キン肉マンⅡ世 究極の超人タッグトーナメント編』(集英社)

キン肉マンのシリーズは
キン肉マン』『キン肉マンⅡ世
『キン肉マンⅡ世 究極の超人タッグトーナメント編』
そして、今、再連載されている『キン肉マン』と
ずっと読み続けているのですが、
その中でも個人的には
『キン肉マンⅡ世 究極の超人タッグトーナメント編』
がシリーズ通して一番面白いかと・・・

ニュージェネレーションズ世代が
過去の超人タッグトーナメントが開かれていた時代へと
タイムスリップして、
あらたにタッグトーナメントを闘うのですが、
世代を超えた闘いに熱さを感じました。

ただ、この作品の面白さを知るには、
初期の『キン肉マン』だけでなく
『キン肉マンⅡ世』を読んでからでないと
伝わらない部分もあり、
それだけ奥が深い作品になっています。

これを読んでいても、
21世紀になって描かれた作品ですが、
レジェンド世代(キン肉マンやテリーマン)の技は
当時のままなのに、魂のこもった技の入り方で、
現代の技に立ち向かっているので、
過去と現代のプロレスの進化を楽しみつつ、
闘いとしても成立しているので
昔からのプロレス好きには楽しめるのではないでしょうか。

この作品を読んだ後に
再連載された『キン肉マン』(38巻以降)を読むと、
ちょっと矛盾した部分が出てきたりするのですけど、
まぁ、それはそれで、あら探しをするのではなく、
純粋に漫画を楽しんでください。

オススメ漫画
  

サントリーウエルネスオンライン


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:プロレス
posted by Ten-Ten at 19:57| Comment(0) | 名作漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吾妻ワールド全開のナンセンスギャグがいっぱい詰まっています『カオスノート』



吾妻ひでおさんの作品『カオスノート』(イースト・プレス)

この作品なのですが、
アルコール依存症になった漫画家の吾妻ひでおさんが
失踪日記』『アル中病棟 失踪日記 2』などの
闘病記のような作品を発表されたあとに、
以前の作品のような作風で描かれた作品です。

吾妻さんの作品なのですが、
ちょっとエッチでSFチックな作品を
描かれていたイメージがあり、
その中にナンセンスギャグが含まれていることが多く、
そういった雰囲気が好きだったんです。

この『カオスノート』なのですが、
日記風に描かれた1コマ~数コマで描かれた
ナンセンスギャグばかりが描かれており、
この世界観に見事に引き込まれました。

この作品の帯にもあったのですが、
吾妻さん自身「楽しんで描きました」と言っているように、
昔の吾妻さんが戻ってきた感じがしました。

個人的に思うのですが、
吾妻さんは今後はストーリー漫画よりも、
こういったショートショートの
ナンセンスギャグを描いてもらいたいです。

『失踪日記』『アル中病棟 失踪日記 2』で
吾妻さんの作品を知ったというひとは、
この『カオスノート』を読んで、
本来の吾妻ワールドを知ってもらいたいです。

オススメ漫画
はたらく細胞 坂本ですが? のぼる小寺さん

LCLOVE COSMETIC


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 06:52| Comment(0) | オススメ漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする