2018年06月30日

極秘任務で所属した場所は女性の自衛官しかいなかった『すんどめ自衛隊』



かたやままことさんの作品『すんどめ自衛隊』(日本文芸社)

陸上自衛隊に所属し、
優秀な自衛官である鷹ヶ峰渡は
総監から極秘で重要な任務に就くよう言い渡されます。

その任務とは、女性自衛官(WAC)の教官に任命され、
一人前のWACとして育て上げることだったのです。

教官としてやってきたのですが、
ここにはちょっと訳ありの女性自衛官しかいなかったんです。
それも総監の隠し子(愛人の子供)で、
鷹ヶ峰が選ばれたのはそれなりの理由があったんです。

鷹ヶ峰は女性が苦手・・・というよりは、
あそこが勃起すると大砲のように巨大で、
足が三盆あるように見えることから「三本足の鷹」・・・
すなわち「ミタカ」という残念な異名を持っており、
それにより女性から避けられるようになり、
女性が苦手になっていたんです。

そんな鷹ヶ峰がここで教官として務めるのですけど、
それを知っててエロ方向にからかわれてばかりいるという、
女子自衛官を育成する作品となっています。

設定は堅いのですけど、
それをぶち破ったエロとギャグで
気軽に読める作品となっていますので、
ちょっと気になった・・・という人は読んでみてください。
かなり笑える作品になっていますよ。

オススメ ちょいエロ系漫画
 いちきゅーきゅーぺけ ヒメゴト 十九歳の制服

★ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:自衛隊
posted by Ten-Ten at 19:51| Comment(0) | ちょいエロ漫画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江の島でひとりで食堂を切り盛りしています『ひとり暮らしの小学生 江の島の空』



松下幸市朗さんの作品『ひとり暮らしの小学生 江の島の空』(宝島社)

1980年代の江の島を舞台にしており、
小学校4年生の鈴音リンは両親が亡くなり、
ひとりで食堂を切り盛りしながら生活をしている・・・
そんな日常を描いた
ひとり暮らしの小学生 江の島の夏』の続編にあたる作品です。

ひとり暮らしの小学生 江の島の夏』を読んだとき、
いい話だったので、もう少し続きが読みたいなぁ~って思っていたら
続編が出たのですごく嬉しかったです。

今回は仲の良い男の子が引っ越しして別れのシーンなどがあり、
以前よりもジーンとする内容が詰まっていました。

ネタバレはあまりしたくないので詳しくは書きませんが、
ラストのエピローグが個人的に好きでした。

『ひとり暮らしの小学生』シリーズは
この2冊で完結しちゃったのですけど、
なんかいい話に出会ったといった感じで
ちょっと幸せをもらった感じです。

この作品なのですが、あまり話題になってないような感じなのですが、
もっとたくさんの人に読んでもらいたい・・・
そう思えるような作品ですので、
気になった方は読んでみてください。

オススメ漫画
推しが武道館いってくれたら死ぬ 千早さんはそのままでいい ふらら一人でできませんっ

カラーコンタクト「SUGAR FEEL」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 08:21| Comment(0) | オススメ漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

漫画家さんからみた漫画界の神様『漫画家が見た手塚治虫 ~マンガに描かれた漫画の神様~』



手塚治虫さんとその他たくさんの漫画家さんの作品
漫画家が見た手塚治虫 ~マンガに描かれた漫画の神様~』(秋田書店)

この作品なのですが、
タイトルからもわかるように、
手塚治虫さんに関わった同じ世代の漫画家さんや
アシスタントさんたちから見た
漫画の神様と呼ばれる「手塚治虫」の
仕事風景や普段の一面などを漫画にした作品です。

今までいろいろな人が
手塚治虫さんのことを漫画に描かれていますが、
有名な話からアシスタントしか知らないようなことまで
漫画や文章で書かれおり、
まだまだ知らない手塚治虫さんの一面を知れた感じでした。

亡くなられてもうすぐ30年になろうとしているのに、
今もなお、手塚治虫さんの作品は色褪せることなく
昔読んでいた人から若者まで読まれています。

手塚治虫さんが生前に関わった人たちが綴る
この作品は手塚治虫作品をたくさん読んだ人にはもちろん、
漫画好きな人には読んでもらいたい作品です。

オススメ コミックエッセイ


カラーコンタクト「SUGAR FEEL」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:漫画家漫画
posted by Ten-Ten at 08:31| Comment(0) | コミックエッセイ(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

廃墟マニアが廃墟の中で見たものは・・・『喰姫 -クヒメ-』



武中英雄さんの作品『喰姫 -クヒメ-』(角川書店)

友人たちとスキー旅行の帰りに
有名な廃墟があることを知り、
肝試しをしてみよう・・・ということになり、
大学生の紀藤誠二(主人公)は密かに思いを寄せる
同級生の早瀬舞衣と一緒に廃墟へと足を踏み入れました。

実はこの廃墟というのは
廃墟マニアなどのウワサで何人も失踪している・・・
というネットで有名だったのです。

そんな廃墟の中を散策している2人の目の前に
着物姿で妖艶な美女に出会うのですが、
早瀬はその美女に異様なまでの怯えを見せ
逃げ出そうとした瞬間に殺されてしまいました。

残された誠二は廃墟内を逃げまわっているうちに
部屋で佇む別の少女と出会うのです。

この少女はあの女に囚われていると思い、
一緒に逃げようとするのですが、
少女とは思えぬ怪力で外へと投げ飛ばされてしまいます。

そして仲間に今まであった経緯を話し、
みんなで廃墟にはいるのですが、早瀬は無残な形で
逆さに貼り付けられて血抜きをされていました・・・

それを見た仲間も廃墟にいた女に襲われるのですが、
外で待っていた誠二の前に廃墟にいた少女(キリ)が現れ、
逃げるようにいいます・・・

この廃墟は一体なんなのか・・・
そして、あの女とキリはいったい何者なのか・・・

かなり猟奇的なストーリーのパニックホラー系作品になっており、
読み始めたら目が離せないほどハマると思いますので、
気になった方はチェックしてみてください。

オススメ ホラー・サスペンス系漫画
  

6パック矯正Tシャツ「阿修羅圧」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ホラー
posted by Ten-Ten at 19:17| Comment(0) | ホラー・サスペンス(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとおませな女の子の恋の行方は・・・『小5な彼女とオトナの愛』



原作:裕時悠示さん 作画:睦茸さんの作品
小5な彼女とオトナの愛』(スクエニ)

小学5年のキャロリン・プリマロロ(キャロ)は
5歳の時に日本にやってきた英国人で
同居人で25歳の結城小太郎の事がすごくきになる
ちょっとおませな女の子です。

歳の差もある・・・ということで、
なかなか告白する勇気もなかったのですが、
友だちの花水木なごみの姉である千鶴が
大好きなお兄ちゃん(小太郎)に急接近!

そんなある日、未来からきたという
キャロと小太郎との娘という女の子が現れ、
二人の恋をサポートすることに・・・

・・・といった感じで
倍以上離れた歳の差ラブコメディとして描かれています。

未来からきた少女だけでなく、
他にも未来からきた影があるのですけど、
ちょっとドタバタなラブコメになりそうな予感もし、
どのような展開になるのか楽しみな作品です。

絵はかなりロリ系な感じで描かれていますが、
内容はかなり面白いので
気になった方は読んでみてください。

オススメ漫画
  

ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ラブコメ
posted by Ten-Ten at 08:10| Comment(0) | オススメ漫画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする