2018年12月31日

無邪気な女の子が好きと気づいてしまった『制服少女未征服』

制服少女未征服

亜桜まるさんの作品『制服少女未征服』(少年画報社)

男子高校生の松沼コウは女の子が好きと言い切るほど
女の子が好きなのですけど、
ちょっと地味で女の子との接点がまったくありません^^;

そんなコウなのですが、
クラスの男子たちからも人気がある菅野真奈美(マナ)と
家が隣同士の幼なじみで仲も良く、
普段から馴れ馴れしく接してくるので、
自分ではマナのことが好きかどうか気づかずにいました。

でも、マナのことが好きと気づいてから
マナのことが気になって仕方がありません。

マナは自分のことをどう思っているのだろう・・・
どう思って毎日馴れ馴れしく接してくるのだろう・・・
そんなコウの気持ちを知ってか知らずか、
マナは気軽にボディタッチやちょっとエロく迫ったりしてきます。

マナはそんな気がないのですが、
しぐさがとてもエロく(健康的なエロさ程度ですけど)
読んでいて元気をもらえる・・・というか癒やしをもらえるというか・・・

そのようなちょっとエロい日常を描いた作品になっていますので、
気になった方はチェックしてみてください。

オススメ ちょいエロ系漫画
  

サプリメントなどの美容コスメ通販「Kirei」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ラブコメ
posted by Ten-Ten at 19:42| Comment(0) | ちょいエロ漫画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デスノートならぬキスノート『恋愛暴君』

恋愛暴君

三星めがねさんの作品『恋愛暴君』(フレックスコミックス)

巻き込まれ体質の男子高校生の藍野青司の前に
死神の姿をした少女 グリが現れました。

グリの手には「書いたもの同士は必ずキスをする」という
「キスノート」というのがありました。

「このノートに記入した者が24時間以内にキスしないと
書いた者は死に、書かれた者は一生童貞のまま生涯を終える」
・・・という約束事があり、
グリはこのノートに青司の名を記入したため、
グリは青司にキスをせまりにやってきたのですが、
青司は学校に憧れの緋山茜という美少女がいて
グリのキスを拒んでいました。

翌日、学校で茜に会うのですが、
実は茜は青司のことが大好きで、
グリと一緒にいた青司に嫉妬心から襲いかかり、
偶然にキスをすることになります。

茜とキスをしたことにより、
グリ、茜など、かなり癖のある女の子に
振り回されてしまう可哀想な青年を描いた
ドタバタラブコメ作品になっています。

青司はこれだけではなく、
次から次へと災難に巻き込まれていき、
「巻き込まれ体質」というのは伊達ではない・・・って感じです。

ラブコメなんですが、コメディ要素の方が強くえがかれており、
読み出したら笑いが止まらないとおもいますので、
気になった方はチェックしてみてください。

オススメ漫画
ぺたがーる  

記念日フラワーギフト「メリアルームMEN」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ラブコメ
posted by Ten-Ten at 08:50| Comment(0) | オススメ漫画(ヤ・ラ・ワ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

本当の親子じゃないけれども・・・『たーたん』

たーたん

西炯子さんの作品『たーたん』(小学館)

大学を中退し、その後は職を転々とし
定職にもつけなく28歳になってしまった上田敦は
最後のなけなしのお金で童貞をすてようとしていました。

そんな時に携帯電話が鳴りだし、出てみると、
相手は警察からで葛木征司という人物を知っているかとの内容で、
中学生からの同級生だと伝えると、
面会し、葛木の子ども(赤ちゃん)の鈴を預かり、
そのまま育てることとなり・・・15年の月日が経ちました。

上田は宅配業者として働き、
鈴は中学3年生になっているところから本編が始まります。

上田は鈴の出生のことは何も語らず、
鈴は上田を父親と疑わずに育っています。

そんな上田は本当の父親ではないことと、
童貞で父親になってきたことに葛藤しながらも
いい父親を演じています。

鈴は思春期で父親を嫌がりながらも
一人の身内として暮らすのですが、
思春期の女の子ならではの揺れる心情が表にでたりも・・・

血の繋がらない親子なのですが、
本当の親子として過ごす
なんとも言えない人情系の作品になっています。

西炯子さんの作品なのですが、
今までも何作か読ませていただいているのですが、
個人的にハマるもの・・・そうでないものが両極端なのですけど、
この『たーたん』は見事にハマってしまいました。

オススメ 女性向け漫画
  

ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:親子
posted by Ten-Ten at 08:52| Comment(0) | 女性向け漫画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

日常生活に潜む恐怖を描いたホラー作品『絶叫学級』



:いしかわえみさんの作品『絶叫学級』(集英社)

この作品なのですが、
日常生活に潜んでいる狂気や恐怖などや
都市伝説などを描いたオムニバスホラー作品です。

ホラー漫画などは好きなんですけど、
実は数年前まで知らなかったんです・・・^^;

何気に少女漫画の棚を見ていたら
ちょっと気になったタイトルを見つけました。
それが『絶叫学級 転生』という作品で、
この『絶叫学級』の続編でした。

『転生』の方で前作であるこの作品を知り、
読んでみたのですが、
絵は少女漫画なのですけど、
内容がエグい話などもあり、
少女漫画にしておくのはもったいなく、
いろいろな人に読んでもらいたい作品です。

少女漫画を読まない人も
ホラー作品が好きな人にはかなりオススメですので、
気になった方は読んでみてください。

オススメ ホラー・サスペンス系漫画
  

パワーストーン・誕生石の通販サイト「Pascle(パスクル)


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ホラー
posted by Ten-Ten at 19:09| Comment(0) | ホラー・サスペンス(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モデルになりたい少女とデザイナーになりたい少年『ランウェイで笑って』

ランウェイで笑って

猪ノ谷言葉さんの作品『ランウェイで笑って』(講談社)

モデル事務所の社長をしている父をもつ藤戸千雪は
小学生の頃にすでに158㎝もあり、このまま伸び続けたら
未来のトップモデルを約束されている・・・なんて言われており、
将来はパリコレでモデルをする・・・と夢を見ていました。

そんな千雪が高校3年生になったのですが、
身長は小学生の頃から全く伸びず158cmのまま・・・
父親のモデル事務所からはクビを言い渡され、
モデルになる夢を絶たれてしまいました。

ある日、学校で同じクラスの都村育人が手芸部の部室で
パリコレのDVDを見ていたの見て話しかけると、
ファッションデザイナーになりたいことを知るのですが、
家が貧乏でその夢を諦め就職しようとしていることを知ります。

千雪は身長で夢を諦め・・・育人は貧乏でデザイナーを諦め・・・
「叶わない夢」とわかっていながらも、
それでも夢へと向かう2人を描いた話になっています。

ファッションなどにそれほど興味のない僕なので、
それほど期待せずにこの作品を読んでみたのですが、
「叶わぬ夢」という言葉がすごく印象に残り、
読み始めてすぐにハマってしまいました。

もともとスポ根などの漫画も
体が弱い・・・体が小さい・・・スポーツ音痴・・・
などから「できない」「叶わない」というところから入る作品も多く、
この作品も観点が同じでハマったのだと思います。

ファッション・・・ということで
男性からはどうなんだろう・・・って思える題材ですけれども、
読んでみるとアツさが伝わってくる作品になっていますので、
気になった方は読んでもらいたいです。

オススメ漫画
  

スカイマークで行く格安国内旅行「スカイパックツアーズ」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ファッション
posted by Ten-Ten at 08:30| Comment(0) | オススメ漫画(ヤ・ラ・ワ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする