2019年07月30日

自爆テロの連鎖が止まらない『教室自爆クラブ』

教室自爆クラブ

原作:アオイセイさん 作画:アナジロさんの作品
教室自爆クラブ』(双葉社)

3年前に中学1年生の不登校児であった中越聖が
教室で自爆テロを行いました。
その事故で生き残った7人が集まり、
この中の1人の新堂拓巳が
「この中に、中越に爆弾を渡した者がいる」と言い出しました。

それと同じ頃、都内の私立高校で
ひとりの女子生徒が爆弾を体に巻き
「みんな、私と一緒に死んでもらう」といい、
この教室を恐怖に突き落とすんです。

いじめを受けた生徒による
自爆テロの連鎖を描いたサスペンス作品になっています。

3年前の自爆テロで集まった7人の方では
中越に爆弾を渡した犯人さがし・・・

新たに起こっている教室では
いじめた側の公開暴露合戦・・・

・・・と、別の事件のようなのですが、
少しずつ接点がでてくるんです。

かなり恐怖もあるのでが、
引き込まれるストーリーになっていますので、
こういった作品が好きな方は
読んでみるといいかもしれませんよ。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
外道の歌 神アプリ 神様、キサマを殺したい。

レディースファッション通販「Pierrot(ピエロ)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:サスペンス
posted by Ten-Ten at 22:23| Comment(0) | ホラー・サスペンス(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

和月伸宏さんの隠れた名作『GUN BLAZE WEST』



和月伸宏さんの作品『GUN BLAZE WEST』(集英社)

19世紀のアメリカが舞台で、
ガンマンに憧れる少年のビュー=バンズは、
西部からやってきたガンマンのマーカス=ホーマーと出会い、
ガンマンの目指す修行を始めます。
そして腕に覚えのある者だけが入ることを許される
約束の地「GUN BLAZE WEST」を
目指すのですが・・・

早い話が、アメリカの西部を舞台にした
西部劇の要素を取り入れたアクション漫画です。

前作の『るろうに剣心』が大ヒットしたため、
次回作である『GUN BLAZE WEST』は
さらに期待が強かったからなのか、
あまり波に乗れず3巻で完結した作品です。

『るろ剣』ほどはいかないのですが、
『GUN BLAZE WEST』は
個人的に面白いと思っていた作品なんですよね。

設定などもよく出来ていたのですけど、
ちょっとアクション要素が弱く感じる部分もあったので、
それがいけなかったのかなぁ~?
週刊少年ジャンプじゃなければ、
もう少し続いていたかもしれない作品です。

少年コミック版にはキャラ設定や
これから出したいようなキャラなども描かれており、
その中から次回作である『武装錬金』のキャラに
昇格したのもあるぐらい、
本当に設定やキャラは良かったんですよね。

『GUN BLAZE WEST』なのですが、
作品の終わり方も続編につながるような感じなので、
個人的に続編を期待してるんだけどなぁ~

【PR】てんさんのオススメ名作漫画
BAKUMAN。 囚人リク 行け!稲中卓球部

デジ同人「DiGiket.com(デジケット・コム)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:アクション
posted by Ten-Ten at 07:09| Comment(0) | 名作漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

みんなブレザーなのに1人だけセーラー服で通う中学生『明日ちゃんのセーラー服』

明日ちゃんのセーラー服

さんの作品『明日ちゃんのセーラー服』(集英社)

母親が通っていた田舎の名門女子中学校
私立臘梅学園のセーラー服に憧れをもっていて
その中学に入学するために勉強をし、
合格を果たした明日小路は
母親に仕立ててもらったセーラー服で
登校したのですが、
制服はブレザーに変わっていたんです・・・

でもこの中学校の面接の時に
校長先生にセーラー服を着たくて志願したと伝えていたのと、
母親のお手製のセーラー服、そして訳ありで入学してきたこともあり、
小路だけがセーラー服での通学が認められることになりました。

そんな小路の目標は
小学校時代には田舎の学校・・・だったということで、
ほとんど生徒がいなかったため、
この学校でたくさんの友達をつくると決め、
新たなスクールライフが始まるんです。

この作品なのですが、
柄がすごく綺麗・・・というか
ほのぼのしたタッチで描かれており、
この世界観と柄がすごくマッチしていて、
それだけでハマってしまいました。

また、小路の明るい性格は
読んでいる人も癒やしてくれる感じで、
読めばきっとハマると思いますので、
気になった方はチェックしてみてください。

きっと小路のことが好きになると思いますよ♪

【PR】オススメ漫画
ダメな彼女は甘えたい あなたを大人にする〇つのこと めんけぇなぁ えみちゃん

クセ付け用二重美容液「二重記念美」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ほのぼの
posted by Ten-Ten at 06:58| Comment(0) | オススメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

節約も楽しくしたいですよね『ゆるエコ 無理せず、楽しく、あるもので』



著者:田村記久恵さん 監修:アズマカナコさんの作品
ゆるエコ 無理せず、楽しく、あるもので』(KADOKAWA)

エコな生活をしていますか?

エコと聞くと、なんか自然に優しい・・・とも聞こえるのですが、
セコい・・・とも思われるのが嫌だから
なにもしていない・・・って人も多いかもしれません。

でも、セコいと節約(エコ)とは違って、
無駄なものを省く・・・という感じで
この作品は描かれています。

まずはエコバッグもそうですよね。
これを使いはじめると
無駄なビニール袋を貰わないですみますし、
なんか節約している・・・って気になれます。

そう思い出すともう少しエコしてみよ~って気分になり、
少しずつエコが身についてきます。

この作品はそんなエコな気持ちを
もう一歩、進んだ感じで描かれており、
読むとさらにエコに興味がでてくるかもしれません。

誰にでも手軽にできることばかりなので、
無駄をなくす感じでエコを始めるのもいいかもしれませんよ。

【PR】オススメ コミックエッセイ
その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 中国嫁日記 おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活

ひかりTVブック


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:節約

2019年07月26日

誰かを奴隷にし戦わせる謎のアプリ『奴隷遊戯』

奴隷遊戯

原作:ヤマイナナミさん 作画:木村隆志さんの作品
奴隷遊戯』(集英社)

ごく普通の高校生に通う市原海なのですが、
実は両親が自宅で惨殺された・・・という過去があり、
今は叔父の家で妹の空乃と一緒にお世話になっています。

そんなある日、スマホに謎のアプリの招待が届きます。
なにげにそのアプリをダウンロードし初めてみたのですが、
そのゲーム「奴隷業」は気になる人の写真を撮り、
奴隷にしてみましょう・・・なんて内容でした。

何もわからずに表示されたナビ通りに動くと、
そこには嫌な教師が表示されており、
捕獲するか確認してきたので、捕獲することにしました。

その後も、待ちであった不良や腹黒い議員なども
次々と捕獲していくんです。

すると海は見知らぬ人物に連れ去られ、
目が覚めると見知らぬ部屋に閉じ込められていました。
よく見ると、前には2人の人物が
目隠しをして武器をもった状態で戦っていたんです。

何が起きたのかわからなかったのですが、
連れ去った男がアプリ「奴隷業」の本当のゲームのことを告げました。

このゲームなのですが、
自分が捕獲した人物を奴隷として戦わせる・・・というゲームで
勝てば賞金がもらえるのですけど、
負けてしまったら自分が他のプレイヤーの奴隷になる・・・という
とんでもない闇のゲームだったんです。

生き残るためには奴隷を使い勝ち続けなければならない・・・
そんなゲームだったのですが、
試合に勝った海が地下にある街へと案内された時に、
幼馴染の伊達凛奈が性奴隷として売買されている現場に遭遇します。

凛奈はロイヤル会員の姉妹に買われてしまい、
海は凛奈を助けだしたくて無理を承知に交渉しだすと、
期日までに1億を用意しろと言われるんです・・・

海は凛奈を救うためにこの悪魔のような闇のゲームで
勝ち続けることを誓います・・・

・・・といった感じで
闇のアプリを使った人間同士の戦いを描いた作品になっています。

かなり際どい内容の作品なのですが、
設定はかなり面白く、強い奴隷を捕獲するだけでなく、
戦略なども関わってくるのではないか・・・と、
想像するだけで楽しいです。

・・・とはいえ、実際にこんなことが起きないから
気楽に読めるんでしょうけどね^^;

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
虐殺ハッピーエンド 拷問迷宮 This Man その顔を見た者には死を

デジ同人「DiGiket.com(デジケット・コム)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:サスペンス
posted by Ten-Ten at 06:48| Comment(0) | ホラー・サスペンス(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする