2019年08月31日

結婚してないのに姉の指輪をしていたことから始まる不倫『偽装不倫』



東村アキコさんの作品『偽装不倫』(文藝春秋)

婚活を始めて3年・・・
頑張ってはみたものの婚活に疲れてしまった浜鐘子は
韓国に一人旅することに・・・

空港の搭乗ゲートでポケットのものを出した時に、
姉の結婚指輪が入っているのに気づいたんです。

まぁ、別に問題もないだろう・・・と、
そのまま持って飛行機に搭乗して
座席を探している時に上から荷物が落ちてきて
指輪を落としてしまうんです。

その指輪を拾ってくれたのが
イケメンの韓国人のジョンという人物だったのです。
偶然、隣の席で、韓国に着くまで話している時に、
指輪の話になり、見栄?で
結婚していると言ってしまったんです。

その後、韓国で2人は一緒に行動することになるのですが、
ジョンは鐘子が結婚していると知りつつも
(実際は未婚なんですけど・・・)
不倫しようと言い出したんです。

流されるまま鐘子はジョンと付き合うことになるのですが、
ジョンが鐘子の夫の写真を見たい・・・
なんて言ったときに、
姉の夫の写真をみせたり、
どんどんと取り返しのつかない発言ばかりしてしまい、
どんな結末になるのか楽しみな作品になっています。

この作品も東村アキコさんらしい
ドタバタなストーリーになるだろうと思いますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】てんさんのオススメ 女性向け漫画
うらみちお兄さん 1122【いいふうふ】 能面女子の花子さん

auの電子書籍ストア【ブックパス】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 07:01| Comment(0) | 女性向け漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

現代にも影で暗躍している忍者『アンダーニンジャ』



花沢健吾さんの作品『アンダーニンジャ』(講談社)

戦国時代より栄華を誇った日本の忍者たちは
そのまま明治、大正、昭和・・・と生き残っていたのですが、
戦後GHQにより組織を解体させられて消滅することに・・・

しかし、忍者たちは秘密裏に存在していて、
現代にも20万人も残っており、
精鋭忍者たちは国家レベルの争いの裏で
暗躍していたんです。

でも、そういった精鋭の忍者たちはごく一部で、
末端の忍者たちは仕事にありつけないことも多く、
ニート状態になる者も・・・

この作品の主人公の雲隠九郎もその一人で、
密かに忍術を磨きながら
キャリア(中忍以上の忍者)から依頼を受け
生き延びているんです。

・・・といった感じで描かれる
現代に生きる忍者作品になっています。

花沢健吾さんの作品って
最初読んだだけでは展望が全く想像できないのですが、
忍者に憧れる外国人が登場したり、
精鋭部隊の忍務内容などが描かれたり・・・と、
どのように話が繋がるかわからないのですけど、
今回も壮大な作品になりそうな気がしてなりませんので、
興味を持った方は読んでみてください。

【PR】オススメ漫画
風都探偵 アトム ザ・ビギニング プリニウス

国内最大級の総合電子書籍ストア BookLive!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:忍者
posted by Ten-Ten at 06:48| Comment(0) | オススメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

相手の心がわかるアプリをダウンロードしたら『佐藤くんは覗ている。 ~神様アプリで女の子のココロをノゾいたらど××だった~』



ゆきのさんの作品『佐藤くんは覗ている。 ~神様アプリで女の子のココロをノゾいたらど××だった~』(竹書房)

毎日エロゲーをネタにオナニーが日課の
佐藤かずやは30歳で童貞・・・

本物の女性にモテてヤリたい・・・と思うものの、
容姿がいいわけでもなく、取り柄があるわけでもなく・・・

そんな佐藤なのですが、
同じ会社で憧れの美女 夏川葉月のことが気になっていました。

偶然に葉月から飲みに誘われ
緊張しながらも行くのですが、
酔った勢いでギャルゲー並みの
下品な言葉を言ってしまい、
葉月に嫌われてしまいます・・・

その帰り道でお地蔵さんの前で愚痴りながら
さらにお酒を飲んでいたんです。

翌日、スマホに女の子の望みがわかるアプリ
「ノゾキミアプリ」が送られてきて
ダウンロードし、葉月の望みを知ろうと思うのですが、
手元が狂い別の女性を登録してしまったんです。

すると、その女性の望みがわかるようになり、
ムフフな関係へと発展するんです。

このアプリを使えば葉月の望みもわかるのでは・・・

・・・といった感じで始まる
アプリを使ったムフフコメディになっています。

ゲーム感覚で女性の気持ちを知り、
次第に親密になっていく・・・
そんなストーリーなのですが、
なかなか本命の葉月には届かないのですけど、
最終的には思った結末ではありませんでした^^;

でも、女の子の心をのぞき見する設定は面白いので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ちょいエロ系漫画
なんでここに先生が!? 女子高生のつれづれ モネさんのマジメすぎるつき合い方

デジ同人「DiGiket.com(デジケット・コム)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:アプリ
posted by Ten-Ten at 07:01| Comment(0) | ちょいエロ漫画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

惨殺事件を起こした覆面の男が拘束されたのに同じような惨殺な事件が起こる『殺戮モルフ』

殺戮モルフ

原作:外薗昌也さん 作画:小池ノクトさんの作品
殺戮モルフ』(秋田書店)

女子高生の村崎まどかは友達と一緒に街を散策していました。
いたって普通の日常だったのですが、
両手に刃物を持った覆面の男が次々と行き交う人を切り始めたのです・・・

いきなりの出来事で動けなくなったまどかだったのですが、
覆面の男は横をすり抜け、後ろにいた人に斬りかかります。

そして覆面の男と目が合うと、
こちらに向かってくるのですがまどかは怖くて動けなく、
もうダメか・・・と思った瞬間に、
警察が覆面の男を取り押さえました。

安心したのかまどかはそのまま気絶してしまい、
気づいた時には病院だったのですが、
覆面の男は警察に拘束されているのですけど、
その後もまどかは覆面の男の幻覚をみるようになります。

あのような事件を目にし心にストレスがたまると、
心的外傷後ストレス症候群という心の病により、
幻覚などが見えてしまう・・・そんな症状だと
まどかは思っていたのですが、
幻覚だと思っていた覆面の男がそこで立っていた形跡を見てしまいます。

拘束されているはずの覆面の男なのですが、
この事件と同じような惨殺な事件が起きてしまうんです。

まどかは覆面の男のしわざだと警察にいうのですが・・・

・・・といった感じで描かれる
スプラッターホラー作品になっています。

この作品なのですが、
ホラー作品の異端児ともいえる
外薗昌也さんと小池ノクトさんがタッグを組んでいて
個人的にかなり楽しみな作品になっています。

覆面の男は1人だけなのか・・・
それとも何か特別な能力をもっているのか・・・
まだまだ謎は多いのですけど、
ホラー作品が好きな人なら絶対にハマるだろう作品ですので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
死人の声をきくがよい 鬼畜島 亜人

靴の総合通販 ABC-MART


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ホラー
posted by Ten-Ten at 06:40| Comment(0) | ホラー・サスペンス(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

次こそ私が結婚して寿退社する『おつぼね!!!』

おつぼね!!!

あゆおさんの作品『おつぼね!!!』(あさ出版)

勤続12年で会社ではベテランの域に達している
独身女性の蒼井都季なのですが、
同期入社の女性たちはほとんど結婚し寿退社しており、
最後に残っていた同期の女子社員も、
このたび結婚するからといって寿退社していきました。

今まで仕事をしてきた同僚が
すべて結婚してしまい、
上の先輩たちと同じように「お局」になるのを
恐怖に思っていました。

いつか自分も結婚して寿退社をしたい・・・
なんて願うOLのエッセイ作品になっています。

この作品なのですが、
お局と呼ばれる名宇井恵子、帝しげ子の2人に振り回されつつも
ついに自分も「お局」の域に入ってしまった蒼井。
新入社員や若手社員とのジェネレーションギャップがあるも、
出来るだけ若くいたいと奮闘する姿が
ちょっと痛くもあり・・・可愛くもあり・・・

お局と若手との間で揺れる蒼井が
面白く描かれた作品で、
アラサー女性・・・特にOLをしている女性なら
共感する部分も多いかもしれませんので、
面白く読めると思いますよ。

【PR】オススメ コミックエッセイ
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ 花嫁は元男子。 出産の仕方がわからない!

レディースファッション通販「Pierrot(ピエロ)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:女性向け
posted by Ten-Ten at 06:31| Comment(0) | コミックエッセイ(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする