2019年10月09日

個性のありすぎる人物たちが廃墟ホテルで殺し合う『ドクムシ the ruins hotel』



原作:八頭道尾さん 作画:恵那さんの作品
ドクムシ the ruins hotel』(双葉社)

この作品なのですが、
前作『ドクムシ』から7年後を描いた
サスペンスホラー作品になっています。

今回はネットで知り合ったオカルトサークルの6人が
廃墟になったラブホテルで
2泊3日で疑似のコドクをしようとやってきました。

すると、先に2人組が侵入しており、
この2人も疑似のコドクに参加すると言い出し
入口を鎖と鍵で閉めて8人でコドクが開始されたんです。
(先にいた2人組は1人の女性を監禁しており、
このホテルの中には9人の人間がいることになるのですが・・・)

それぞれ部屋に別れて一夜を明かすのですが、
メンバーの女性が全裸で拘束された姿で見つかるんです。

・・・といった感じで始まる
前作とは違った形で描かれる
サスペンスホラーになっています。

まだまだ序盤でなんとも言えないのですが、
初日に掛けた鍵よりさらに鍵が増えていて
このホテルから出られないようになっているので、
完全に内部の人間が故意にしていることがわかります。

オカルトサークルといっても
ネットで知り合った者同士なので、
本性なんて知るわけでもなく、
また、最初に侵入していた2+1人も
凶暴性がある人格なので、
みんなが疑心暗鬼になってきたりもして、
どんな展開で疑似のコドクが
本当のコドクになるのか・・・
これからがとても楽しみな作品です。

コドクと言われても
前作の『ドクムシ』の世界観を知っていなければ
わからないと思いますので、
前作を読んでからこの作品を読むのをオススメします。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
夢で見たあの子のために 血の轍 マイホームヒーロー

電子貸本Renta!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:サスペンス
posted by Ten-Ten at 06:50| Comment(0) | ホラー・サスペンス(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする