2019年10月26日

壁の内と外の2つの視点で描かれるSF作品『天国大魔境』



石黒正数さんの作品『天国大魔境』(講談社)

高い壁に囲まれた施設で
何不自由なく暮らす少年少女だったのですが、
壁の外がどのようになっているか
気になりだす者もいました。

園長は壁の外が気になった者に対して、
壁の外の世界は怪物がいて地獄のような場所だと
いいなだめました。

舞台は変わり、外の世界・・・
ここは廃墟になってしまった日本で、
サバイバルをしながら天国を目指し
旅をする2人の少年少女がいました。

子供だろうと生きるために襲われるこの世界は、
本当に不思議な生物まで存在していたんです。

壁の中の天国のような世界・・・
壁の外の地獄のような世界・・・
2つの視点から描く不思議なストーリーになっています。

この作品なのですが、
これ以上ネタバレしたら面白味がなくなるので、
このぐらいにしか書きませんが、
石黒正数さんらしい
SFっぽい作品になっていて、
今後がすごく楽しみな作品になっています。

多分、話題になるだろう・・・と思う作品ですので、
今からチェックしておくのもいいかもしれませんよ。

【PR】オススメ漫画
風都探偵 アトム ザ・ビギニング プリニウス

靴の総合通販 ABC-MART


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:SF
posted by Ten-Ten at 06:51| Comment(0) | オススメ漫画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする