2019年10月28日

特殊能力で人の持つ概念を盗む者を捕まえる『概念ドロボウ』



田中一行さんの作品『概念ドロボウ』(講談社)

新米の刑事 有馬ハルは
謎の事件を担当することとなり、
特別任務として、私立探偵の如月ウロに
捜査協力を申し出に行きます。

この如月なのですが、特殊な能力を持っており、
今までも事件解決に協力してきた人物なのです。

人間が持つ「欲望」「存在感」「道徳」「向上心」
などの概念を盗むものが現れ、
如月も「欲望」を盗む能力を持っていたんです。

ハルは如月とともに難事件を解決していく・・・
といった感じのサスペンス作品になっています。

毎回、ハルが事件に巻き込まれ、
如月が助けにはいる・・・というパターンなのですけど、
能力系の作品として設定も内容も面白く
久しぶりにこれだ!という作品に出会った気分です。

メディア化などにもなりそうな作品ですので、
今からチェックしておくのもいいかも・・・

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
ホームルーム 遺書、公開。 あなたの鼓動を見させて

国内最大級の総合電子書籍ストア BookLive!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:サスペンス
posted by Ten-Ten at 08:40| Comment(0) | ホラー・サスペンス(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする