2019年11月02日

知らないだけで危険な事故物件はあるんです『霊能者と事故物件視てきました』



著者:東條さち子さん 監修:育代さんの作品
霊能者と事故物件視てきました』(ぶんか社)

アパートなどを借りる時に、
その部屋を下見しにいったりして、
なんかイヤ~な感じがしたりしたことってないですか?

実際に事故物件というのは存在するもので、
その部屋で自殺をはかったり、
事件で殺されたり・・・といった部屋があるわけで、
本当に霊が出たり・・・なんてウワサなどもよく聞きます。

そういった部屋を
霊能力がない作者の東條さち子さんと、
霊能者の育代さんが実際に部屋を巡って
出来上がったのがこの作品です。

こういった霊に関する書籍は好きで
事故物件のことに書かれた書籍なども読んだのですが、
なんか言葉だけではそれほど怖く感じなかったのですけど、
この作品では、怖がらそう・・・という感じでも描かれており、
実際の体験談ということで怖いのもあるのですけど、
楽しく読むことができました。

霊感の強い人なら、
建物に入っただけで何か感じることもあるのですが、
この作者みたいに霊感がないと、
霊能者に、そこに霊がいるといわれても感じられなく、
ある意味、怖いでしょうね・・・

僕は多少なりとも霊感があるので、
そういった場所には近づかないようにしているのですけど、
こういった話が好きで、ついつい読んでしまいます^^;

ちょっと変わった霊体験系の作品に仕上がっていますので、
興味がある方は読んでみてください。

【PR】オススメ コミックエッセイ
夜行バスで出かけましょう 日本文学(墓)全集 時どきスイーツ 犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい

コミックシーモア


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:霊感