2020年02月09日

漫画家漫画?それともラブコメ?『ヒットマン』



瀬尾公治さんの作品『ヒットマン』(講談社)

大学4年生の剣埼龍之介は講談社の面接に行った時、
1人の女性とぶつかり、ネームが散らばってしまうんです。
急いで拾い集める中、その漫画が面白いことに気づき、
マンガ家さんに面白いと伝えてくださいと言ったのですが、
実は、この女性は編集者ではなく、
自分と同じく講談社に面接に来ていただけだったのです。

その後、龍之介は講談社に入社することになり、
憧れの週刊少年マガジン編集部に配属されたんです。

ここで初めて持ち込みを対応することになったのですが、
そこに現れたのが面接の時にぶつかった女性 小鳥遊翼だったのです。

小鳥遊は講談社に面接に来たものの、
龍之介とぶつかった時に散らばったネームが自分のネームで、
それを読んで「面白い」と言った龍之介の言葉を信じ、
漫画を描くことにしたんです。

新人編集者と漫画家の卵がタッグを組み、
週刊少年マガジンの頂上を目指す・・・という
漫画家漫画になっています。

今までの瀬尾公治さんの作風とはちょっと違い、
ラブコメありつつもかなりアツい
漫画家漫画になりそうな予感がしますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ漫画
まどからマドカちゃん 死神坊ちゃんと黒メイド 映像研には手を出すな!

auの電子書籍ストア【ブックパス】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 08:13| Comment(0) | オススメ漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする