2020年02月15日

古代ギリシャで現代から持ち帰った競技で競い合う『オリンピア・キュクロス』



ヤマザキマリさんの作品『オリンピア・キュクロス』(集英社)

テルマエロマエ』のヤマザキマリさんの新作!

テルマエロマエ』では古代ローマの話だったのですが、、
今回は古代ギリシャが舞台になっています。

古代ギリシャのデメトリオスという青年は
壷絵師の見習いで争ったり競ったりするのを好まなく、
今でいう草食系男子でした。

ある日、村同士の争いに巻き込まれ、
競技は自分たちで選ぶことになり、
デメトリオスは壷の中で思い悩んでいました。

そんな時、壷が雷に打たれ、
気がつくと、そこは1964年の東京だったのです。

ここで知り合った老人に連れられ、
運動会に参加することになったデメトリオスは
そこで見た競技(タマゴ運び走)に興味を覚えたんです。

すると、再び雷に打たれたデメトリオスは
古代ギリシャに戻ってきて、
タマゴ運び走を提案し、
村の代表として競技することになったんです。

・・・といった感じで描かれる
未来から持ってきた競技で
争う古代ギリシャ人を描いた作品になっています。

テルマエロマエ』と同じような作品なのですが、
ヤマザキマリさんらしさが存分に出ていて、
楽しい作品になっています。

また、同じような設定・・・なんて思う人もいるでしょうが、
面白い作品になっていますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ漫画
大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック 文野さんの文具な日常 ダンベル何キロ持てる?

国内最大級の総合電子書籍ストア BookLive!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:古代ギリシャ
posted by Ten-Ten at 07:52| Comment(0) | オススメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする