2017年07月09日

人気芸人を目指す若手女お笑い芸人のサクセスストーリー『イロモンガール』



原作:ラリー遠田さん 作画:瀬口たかひろさんの作品
イロモンガール』(白泉社)

一見、華やかにみえるお笑い界なのですが、
一般の社会人なんかとちがって、
売れるか売れないか、ネタが受けるか受けないかで、
全く違った扱い方をされるほど、
売れれば天国、受けなければ地獄という
お笑い界はとんでもない過酷な競争社会です。

まだまだ駆け出しで無名の女若手芸人の碧海玲奈(ヒロイン)は
居酒屋のバイトをしながら事務所のライブに出演したり、
オーディションを受けたり(ほとんど落ちてますが・・・)と、
日本一の女芸人を目指すというとんでもないスケールの作品です。

お笑いが大好きなので、
この作品の世界観にはかなりハマりました。
ちょっとしたきっかけでテレビなんかに出て、
ほとんど売れていないのに、
一気にブレイクする芸人なんかもいますが、
そういった人って結局、
一発で終わってしまう場合も多いんですよね。

この作品に登場する碧海玲奈もまったく受け入れられないネタをするものの、
その中で誰かに笑ってもらいたい・・・
という気持ちで取り組んでいる姿がとてもよく、
個人的にハマった作品でした。

2巻で完結してしまったのはちょっと惜しいのですが、
とても素敵な終わり方をしていました。
個人的にはもう少し読みたかったので、
続編として数年後に描いてもらいたいぐらいの作品です。

若手お笑い芸人・・・とくに女芸人が好きな人には
ぜひ、読んでもらいたい作品です。

オススメ漫画
甘々と稲妻 だって小山くんが艶い。 ゴールデンゴールド

サントリーウエルネスオンライン


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:お笑い
posted by Ten-Ten at 08:10| Comment(0) | オススメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください