2019年09月16日

古いお屋敷で神様に料理を作る『座敷娘と料理人』



佐保里さんの作品『座敷娘と料理人』(スクエニ)

料理人としては腕もある菅波多緒なのですが、
通帳の預金額が上がっていくのが楽しみという、
ちょっと残念な一面ももっていました。

ある日、バイト先の先輩から
少し変わった高収入の短期バイトを紹介されました。
それは田舎の古いお屋敷に住み込み、
奥座敷に祭られている「神様」に
お供え物を作るという仕事だったのです。

興味を持ってきてみたものの、
本当に田舎でネット環境もなく、
こんなところで1ヶ月間住むことになったのですが、
仕事と割り切ってお供え物を作り真面目るんです。

すると、ジャガイモが床に転がったり
調理中に膝カックンされたり・・・
不思議な現象を体験することに・・・

実はこの屋敷には守り神として座敷童・・・ではなく、
座敷娘が暮らす屋敷だったのです。

今まで何も目的を持たなかった多緒なのですが、
この土地を離れるときに
座敷娘に願い事を叶えてやると言われるのですけど、
自分の未来のビジョンが何もなく、語れなかったので、
この屋敷の持ち主に頼み込み、
バイト料の100万円で屋敷に住み込んで
座敷娘のお供えを作り続けることにしたんです。

・・・といった感じで描かれる
座敷娘と料理人とのほのぼのとした
グルメ作品になっています。

食べたことのない食べ物に喜ぶ座敷娘が可愛かったり、
その他のモノノケなども登場し、
グルメと妖怪ものが上手く融合した作品ですので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ グルメ漫画
本日のバーガー いぶり暮らし 山と食欲と私

国内最大級の総合電子書籍ストア BookLive!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:妖怪 グルメ
posted by Ten-Ten at 06:49| Comment(0) | グルメ漫画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください