2019年12月07日

飼い犬が主人に内緒で捨て猫を飼いはじめたら『うちの犬が子ネコ拾いました。』



竜山さゆりさんの作品『うちの犬が子ネコ拾いました。』(小学館)

とある小説家の家で飼われている大型犬のペリタスは
散歩中に箱に入れられて捨てられている
子ネコ2匹と出会います。

にゃーにゃーと鳴く子ネコを見て
可哀そう・・・だとは思うのですけど、
飼い主が猫が苦手なのを知っていて、
連れて帰るわけにもいかず、
優しい人間に拾われるんだぞ・・・
とその場を立ち去るのですが、
優しきペリタスは子ネコを見捨てることができず、
飼い主に内緒で連れて帰ってきたんです。

ペリタスは飼い主に内緒で
子ネコと一緒に暮らし始めるのですが、
バレてはいけないので、
子ネコに言い聞かすも、
子ネコだから言うことを聞くわけでもなく・・・^^;

・・・といった感じで描かれる、
大型犬と子ネコのほのぼのとした作品になっています。

1巻の後半部分からわかるのですが、
飼い主は猫が苦手・・・ではなく、
猫を見ると人格が壊れてしまうほど可愛がるので、
見ないようにしていただけだったので、
この子ネコと遭遇した飼い主は
本当に人格が崩壊してしまうほど可愛がり、
一緒に飼うことになって安心しました。

ペリタスの優しさと子ネコのやんちゃさが
とても可愛く描かれていて、
癒されまくりの作品になっていますので、
気になった方はチェックしてください♪

【PR】てんさんのオススメ 女性向け漫画
ならしかたなし マキとマミ ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~ メタモルフォーゼの縁側

ハーレクイン公式ネットショップ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:
posted by Ten-Ten at 14:43| Comment(0) | 女性向け漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください