2020年01月11日

見たものは殺される・・・『佐藤さん』



楠本哲さんの作品『佐藤さん』(少年画報社)

「佐藤」といえば日本で一番多い名字で
平凡な感じの作品なのでは・・・
なんて想像する人もおられるかもしれません。

でも、この作品なのですが、
電話でしか依頼を受け付けない・・・
そんな「佐藤さん」という殺し屋がいて、
姿を見た者=死とされるほど、
凄腕の殺し屋なんです。

「佐藤さん」は神出鬼没で
依頼主を殺害するためにはどこにでも現れるんです。
(1話目なんかは宅配便の小さな荷物の中に入っていました)

最初は裏社会の人間ばかりを殺すと思っていたのですが、
自殺をしようとした人間が自分を殺してほしいと依頼したり、
病気で死にかけている人間が自分の命の代わりに依頼したり、
ちょっとホロりとする人間模様で描かれていたりと、
異色なサスペンス作品になっています。

かなりドキドキしながら読める作品ですので、
気になった方はチェックしてみてはどうでしょうか。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
ただ離婚してないだけ マトリズム 君に愛されて痛かった

ひかりTVブック


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 08:01| Comment(0) | ホラー・サスペンス(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください