2020年07月17日

寿命がお金になったらあなたは買い取ってもらいますか『寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。』



原作:三秋縋さん 作画:田口囁一さんの作品
寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。』(集英社)

この作品なのですが、
原作の三秋縋さんの小説『三日間の幸福』を
コミック化した作品になっています。

何もない部屋で暮らす青年 クスノキは
生活に困り、僅かに残された本とCDを売ってお金にし、
食費にでも当てようと思い、
古本屋とリサイクルショップに行きました。

最初に訪れた古本屋の老店主から
お金に困っているなら
寿命を買い取ってもらえる店を紹介され、
そんな店が本当にあるのか疑っていたのですが、
次に訪れたリサイクルショップの店員からも、
同じ寿命を買い取ってもらえる店を紹介されます。

信じられない・・・と思いつつも
足が自然とその店へと向かい、
入ってみると、そこには1人の女性がいて、
寿命を買い取る査定をしてくれたんです。

クスノキの寿命は30年と3ヶ月あり、
査定額は1年につき1万円だったんです。

3ヶ月の寿命を残し、30年分の寿命を売り
30万円を手にしたクスノキなのですが、
寿命を手放した人間が自暴自棄になることもある・・・
ということで、査定をした女性「ミヤギ」が
監視員として一緒に暮らすことになったんです。

残された3ヶ月の寿命をクスノキが
どのように使うのか・・・
かなり気になる作品になっています。

実際に「寿命」を買い取ってもらえるなら
自分ならいくらになるだろう・・・
なんて思いながら読んでいたのですが、
「幸福度」「現実度」「貢献度」など、
どれだけ満たされているか・・・により
査定額が変わってくるようなので、
僕の場合、かなり低いかも・・・^^;

まぁ、僕のことはどうでもいいのですが、
コミック版はかなり面白かったので、
次は小説版も読んでみようと思うほどいい作品だったので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ漫画
ハレ婚。 来世は他人がいい 雪花の虎

コミックシーモア


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 07:52| Comment(0) | オススメ漫画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください