2020年07月28日

巨乳を隠してプライド高く生きていく『夜明け後の静』



石川秀幸さんの作品『夜明け後の静』(集英社)

明治維新まで武家の娘として
プライド高く育てられた小此木静なのですが、
明治時代を迎え、武家の権威は失墜してしまいました。

そんな時代に日本初の女学校に入学した静なのですが、
旧時代の価値観で生きているため、
平民たちの暮らしとはズレがでてしまうんです。

プライドが高いからこそ、
なかなか引けない部分もあり、
そういった部分をコメディタッチで描いた
明治時代の作品になっています。

明治時代では巨乳は恥ずかしいことのようで、
巨乳を隠すために晒しをまいていたり、
洋服に興味があり隠れて着たり・・・
プライドが邪魔して素直になれないところが
とても可愛く描かれていますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ちょいエロ系漫画
なんでここに先生が!? 女子高生のつれづれ モネさんのマジメすぎるつき合い方

コミックシーモア


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ちょいエロ
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください