2020年06月24日

同級生3人のそれぞれの姉事情『うちの姉ちゃんときたら!』



みどりわたるさんの作品『うちの姉ちゃんときたら!』(フレックスコミックス)

高校に入学した神埼賢人は
すぐに同じクラスの堂本明、瀬川奏太と友達になります。

昼御飯を食べながら話していると、
3人には同じ高校に通う姉がいるんです。

賢人の姉の美姫は賢人を顎で使う暴君・・・
明の姉の茜は子供っぽく(完全にお子様)姉には見えず・・・
奏太の姉の栞は奏太に対して過保護すぎる・・・

と、それぞれ違う姉に
振り回されっぱなしの弟3人・・・

でも、それは一緒に暮らしているから
鬱陶しいと思うだけで、
他の2人から見れば
いいお姉さんに見えたりも・・・

・・・といった感じで描かれる
仲がいいのか悪いのか・・・
それぞれの姉弟を描いた作品になっています。

姉萌えの人なら、姉がいるだけでも羨ましく思える・・・
そんなシチュエーションで描かれる話が多く、
それぞれタイプの違う姉が登場しますので、
楽しんで読んでください。

【PR】オススメ漫画
まどからマドカちゃん 死神坊ちゃんと黒メイド 映像研には手を出すな!

パワーストーン・誕生石の通販サイト「Pascle(パスクル)


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:姉弟
posted by Ten-Ten at 06:36| Comment(0) | オススメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

高校時代の母親が脳裏に浮かびだす『大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック』



植芝理一さんの作品『大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック』(講談社)

高校生の鈴木実は
時々、変わったモノが見える時があるんです。

それは・・・高校時代の母親の姿が
フラッシュバックするように
脳裏に浮かびだすんです。

この現象なのですが、
父親が亡くなり、葬儀の時に初めて見ることになり、
その日から時々見えるんです・・・

母親と父親は高校生の時から付き合いだし、
その高校に今は実も通っていて、
今まで以上にフラッシュバックすることが多くなる実・・・

そして実は母親のことが好きだと気付き始めるんです。

・・・といった感じで描かれる
マザコン?ラブコメ?作品になっています。

実の母親は見た目よりも若く、
漫画家をしていて、漫画のネタなんかで
体操着やスクール水着を着たりすることもあり、
実は悶々とする日々をおくっています。

この親子が間違った方向にはいかないと思うのですが、
実は苦悩してばかりの日々をおくっているので、
それを楽しみながら読んでみてください。

【PR】オススメ漫画
高梨さんはライブに夢中 女子かう生 ちおちゃんの通学路

アイリスプラザ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:親子 ラブコメ
posted by Ten-Ten at 07:46| Comment(0) | オススメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

残念系なお姉さんの日常が気になる『いたいお姉さんは好きですか?』



若菜さんの作品『いたいお姉さんは好きですか?』(少年画報社)

彼氏いない歴=年齢 26歳の板井栞は
モテたい・・・と思い、研究や情報収集したり
意識を高めたりするのですけど、
その努力はちょっと残念な方向へ・・・

そんな“いたい”お姉さんを描いた
まったりとした作品になっています。

この板井さんなのですが、
なにをやっても裏目にでてしまう・・・
そんな可哀想な日常をおくっており、
ちょっと残念なところが
逆に可愛く思えて
手を差し伸べて助けてあげたくなります。

男性でも女性でも
この板井さんのように
何をやっても上手くいかない・・・
そんな人はすごく共感を持てると思うので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ漫画
凪のお暇 彼女の腕は掴めない 鈍色の箱の中で

アイリスプラザ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 07:54| Comment(0) | オススメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

下町の銭湯にブラジルから日系三世の美人が現れた『いいゆだね!』



秋本治さんの作品『いいゆだね!』(集英社)

東京の下町にある銭湯の「熊乃湯」は
祖父の虎五郎、孫の鷹織、従業員の珍稔とで
ほそぼそと経営していたのですが、
珍稔が辞めるのをきっかけにこの銭湯を廃業し、
そこにマンションでも建てようと思っていたところへ
ブラジルから日系三世の美女マリアがやってきました。

マリアは金鉱探しで旅に出ている熊五郎と結婚し、
日本へとやってきたのですが、
廃業しようとしていた「熊乃湯」を
再建させようとするんです・・・

全く銭湯の知識などないマリアなのですが、
珍稔に教えてもらい、
さびれた銭湯を盛り立てるために努力する・・・

そんな下町の銭湯を舞台にした
人情あふれる作品になっています。

秋本治さんといえば
こちら葛飾区亀有公園前派出所』を思い出すでしょう。
この作品なのですが『こち亀』連載中に
不定期連載で別の雑誌に連載されていたものを
こち亀』終了したのをきっかけに
再び描かれることになりました。

秋本治さんらしい
下町情緒あふれる作品になっており、
個人的にはすごく楽しく読ませていただいています。

古き良き時代と現代の下町風情が
マッチした作品になっていますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ漫画
アオイホノオ 働かないふたり 鬼灯の冷徹

国内最大級の総合電子書籍ストア BookLive!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:下町
posted by Ten-Ten at 08:05| Comment(0) | オススメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

古代ギリシャで現代から持ち帰った競技で競い合う『オリンピア・キュクロス』



ヤマザキマリさんの作品『オリンピア・キュクロス』(集英社)

テルマエロマエ』のヤマザキマリさんの新作!

テルマエロマエ』では古代ローマの話だったのですが、、
今回は古代ギリシャが舞台になっています。

古代ギリシャのデメトリオスという青年は
壷絵師の見習いで争ったり競ったりするのを好まなく、
今でいう草食系男子でした。

ある日、村同士の争いに巻き込まれ、
競技は自分たちで選ぶことになり、
デメトリオスは壷の中で思い悩んでいました。

そんな時、壷が雷に打たれ、
気がつくと、そこは1964年の東京だったのです。

ここで知り合った老人に連れられ、
運動会に参加することになったデメトリオスは
そこで見た競技(タマゴ運び走)に興味を覚えたんです。

すると、再び雷に打たれたデメトリオスは
古代ギリシャに戻ってきて、
タマゴ運び走を提案し、
村の代表として競技することになったんです。

・・・といった感じで描かれる
未来から持ってきた競技で
争う古代ギリシャ人を描いた作品になっています。

テルマエロマエ』と同じような作品なのですが、
ヤマザキマリさんらしさが存分に出ていて、
楽しい作品になっています。

また、同じような設定・・・なんて思う人もいるでしょうが、
面白い作品になっていますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ漫画
大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック 文野さんの文具な日常 ダンベル何キロ持てる?

国内最大級の総合電子書籍ストア BookLive!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:古代ギリシャ
posted by Ten-Ten at 07:52| Comment(0) | オススメ漫画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする