2020年07月03日

こんなヤムチャだったら違う世界になっていたかも・・・『DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件』



原作:鳥山明さん 作画:ドラゴン画廊・リーさんの作品
DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件』(集英社)

ドラゴンボール好きの高校生が
歩道橋から転落してしまい意識を失ってしまいます。
そして、目が覚めたら
ドラゴンボールの世界にいてヤムチャの姿になっていたんです。

なぜ、ヤムチャに転生してしまったのか・・・
同じドラゴンボールの世界なら悟空とか悟飯とか、
もっと強いキャラの方がよかったのに・・・なんて思うのですが、
ヤムチャならブルマと付き合える・・・と
ある意味、美味しいと思い始めました。

でも、ヤムチャはサイヤ人来襲のときに
サイバイマンに殺されてしまうことを思い出し、
ドラゴンボールの世界の中で許される限りの反則?を駆使し、
強くなるために努力していきます。

そんな強くなったヤムチャが
どのようにドラゴンボールの世界に影響するのか・・・
ちょっと変わった視点で描かれた
アナザー?ストーリーになっています。

以前、この作品なのですが、
ネットで話題になり、1話だけ読んでみたのですけど、
まさか、コミック化するまでの作品になるとは・・・

でも、内容としては
ドラゴンボールの世界観を壊すことなく、
アナザーストーリーとしては楽しめる内容になっていました。

また、オチも良くて、
ドラゴンボールファンには納得できる話となっていますので、
気になった方は読んでみてください。

【PR】オススメ漫画
ダーウィンズゲーム 今日からCITY HUNTER 賭博堕天録カイジ 24億脱出編

パワーストーン・誕生石の通販サイト「Pascle(パスクル)


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:スピンオフ
posted by Ten-Ten at 06:43| Comment(0) | オススメ漫画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

藤子・F・不二雄プロの仕事風景は・・・『ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~』



むぎわらしんたろうさんの作品『ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~』(小学館)

この作品なのですが、
藤子・F・不二雄さんの最後のアシスタントである
作者のむぎわらしんたろうさんが描く、
藤子・F・不二雄プロの当時の仕事風景を描いた作品になっています。

むぎわらしんたろうさんは『ドラえもん』が大好きで
小学生の頃から『ドラえもん』のイラストを描いていて
いつかは漫画家になるんだ・・・と
漫画を応募し続けて、
ついに藤子賞の佳作に選ばれることに・・・

そして藤子・F・不二雄さんのアシスタントとして
働くことになり、
そこから藤子・F・不二雄さんが亡くなるまでが
描かれていました。

漫画家として忙しい日々をおくる藤子・F・不二雄さんなのですが、
アシスタントの面倒見もよく、
むぎわらさん自身がアシスタントの傍らで
自分の漫画を描いておられた作品にも、
どうすればいいのか原稿の余白などに
アドバイスを描いたり、
こうしたら良くなる・・・と
別の用紙にも細かく修正点などを書いたりしておられたそうです。

むぎわらしんたろうさんにとって
藤子・F・不二雄さんは
漫画の神様のような存在だったことが伝わってきました。

体調が悪くなり、自宅で作業をするようになられた
藤子・F・不二雄さんなのですが、
亡くなられるまで漫画に情熱を注がれていたことも描かれており、
読んでいるだけでファンなら涙するのではないでしょうか。

この作品なのですが、
『ドラえもん』で育った世代の方には
読んでもらいたい・・・そんな作品ですので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ漫画
CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常 銀河鉄道999 ANOTHER STORY アルティメットジャーニー 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい

コミックシーモア


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:漫画家漫画
posted by Ten-Ten at 06:09| Comment(0) | オススメ漫画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

神様のムチャ振りにも応える下請け業者『天地創造デザイン部』



原作:蛇蔵さん&鈴木ツタさん 作画:たら子さんの作品
天地創造デザイン部』(講談社)

地球上のあらゆる万物を想像したとされる
旧約聖書の神様は天地や水を作った時点で
面倒になってしまい、
生き物を作るのは下請けに任せることにしました。

そして「天地創造社」のデザイナーたちが
様々な生き物の案を出し、
エンジニアが実現するかしないかを決め、
最後に神様が採用の可否を決定をし、
採用されれば生き物として作り出される・・・

といった感じで、
地球上の生き物の生誕が
コメディで描かれています。

ちょっと変わった形の生き物などが
なぜ、こんな形になったのか・・・
不思議に思ったことがある人もいると思います。

これを読めば、
なるほど・・・と思ってしまう感じで描かれているので、
楽しんで読めると思いますよ。

ただ・・・ここに描かれていることは
信じないでくださいね^^;

【PR】オススメ漫画
乙嫁語り 健康で文化的な最低限度の生活 ReLIFE

★ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:神様
posted by Ten-Ten at 08:02| Comment(0) | オススメ漫画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

堕落な漫画家は誰かに甘えたい『ダメな彼女は甘えたい』



よしだもろへさんの作品『ダメな彼女は甘えたい』(講談社)

母子家庭で暮らす高校生の上埜一等は
人の頼みを断れない・・・そんなお人よしの性格で、
いつも損ばかりしているのですが、
良い行いをしていれば、いつか自分に返ってくる・・・
と、ポジティブな考えをもって生きていました。

そんなある日、ホステスをしていた母親が
愛する人を見つけたから・・・と、
すべての家財道具と共に失踪してしまったんです。

残されたのは少しのお金と部屋のみ・・・

困っている時に隣に住む漫画家の担当編集者が
(実際には担当編集者の娘)
漫画家の野薔薇ひふみのアシスタント・・・ではなく、
メシスタント(ごはんを作るアシスタント)として
手伝いをすることになるんです。

野薔薇ひふみは外面は美人なのですが、
部屋にいる時は引きこもりで
原稿も〆切りギリギリまでかかる
ちょっと堕落した漫画家で、
それ以上に甘えん坊で甘やかしてくれる人に依存する・・・
そんな体質を持っていたんです。

人に優しい一等はなにかとひふみを甘やかす・・・
そんなラブコメ作品になっていました。

個人的にツボにはまったのは
ひふみは甘やかされていると漫画が面白くなくなり、
ネガティブになればなるほど漫画が面白くなる・・・
そんな面も持っていて、
『BAKUMAN。』に登場していた平丸一也に
ちょっと似ているように思ってしまいました。

ひふみが幸せになってほしいですけど、
漫画が面白くなくなり打ち切りになったら
幸せが遠のくかも・・・なので、
どんな展開になるのか楽しみな作品です。

【PR】オススメ漫画
はたらく細胞 非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… ぼくたちは勉強ができない

デジ同人「DiGiket.com(デジケット・コム)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ラブコメ
posted by Ten-Ten at 07:57| Comment(0) | オススメ漫画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

夏休みが明けると彼女の存在が消えていた『透明の君』



季生みなとさんの作品『透明の君』(小学館)

学校では控えめで自分を出さないようにしている日野正太は
成績が伸び悩んでいることで
親からひどい暴力を受けていました。

そして頑張っていた続けていたバスケ部も退部させられ、
自分から飽きるまでシュート練習をし、
疲れて体育館で横になっていると、
クラスで人気者の立花光里が現れ、
1on1をすることになりました。

光里の上手いシュートを見て、
何事も上手いことできない自分に涙を見せる正太に
優しく接してくれた光里に
家の事情を話してしまうんです。

すると、嫌なことなどを吐き出すために
交換ノートを始めようと提案してきたんです。

2人だけの秘密の交換ノートを続けていくうちに
光里のことが好きになった正太・・・
でも、夏休み前に光里が引っ越しすることを知るんです。

そして、夏休みが明けると・・・
光里のことを知っている人間が
クラスに誰もいなくなっていたんです・・・

・・・といった感じで始まる
ちょっと不思議な世界観のストーリーになっています。

何故、彼女の存在が消えてしまったのか・・・
読んでいればわかるのですけど、
ネタバレしたくないのであえて書きませんが、
映画やドラマになりそうな感じの作品で、
引き込まれること間違いなしですので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ漫画
天国大魔境 エルフ湯つからば 極主夫道

靴の総合通販 ABC-MART


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ミステリー
posted by Ten-Ten at 08:30| Comment(0) | オススメ漫画(タ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする