2020年06月09日

いじめられっ子に命令されるがまま処女を奪った相手と大人になって再開・・・『骨の髄まで私に尽くせ。』



長堀かおるさんの作品『骨の髄まで私に尽くせ。』(彗星社)

ごく普通のサラリーマンの藤田一樹は
小さな家に妻と子供の3人暮らしをしていて、
妻のおなかには2人目がいる・・・という、
ささやかながらも幸せな生活をしていました。

そんなある日、中学時代の同級生の中村さやかと出会います。

さやかは中学時代の初恋の相手で、
いじめられっ子だった一樹と同じく、
さやかも女子生徒にいじめられていたのです。

勇気をだしてイジメないように・・・といったのですが、
彼女らの気にさわったらしく、
さやかの処女を奪うよう命令してきたのです・・・

その後、謝ることができないまま、
さやかが転校してしまって会うこともなく・・・

会った瞬間、土下座をしてあやまる一樹だったのですが、
それを許し、2人は話をし、
今までのいきさつなどを話し合っているうちに、
当時、お互いが両想いだったことを知り、
一樹は過ちをおかしてしまうんです・・・

さやかは中学時代をそのまま引きずって、
今はフリーターで自殺未遂なども何度も繰り返しており、
ささやかながらも幸せな暮らしをしている一樹を
うらみはじめるんです・・・

・・・といった感じで描かれる
ドロドロとしたサスペンス作品になっています。

なんか1本の映画を見ている感じで、
読み始めてすぐにハマってしまいました。

こういった話が好きな人は
僕と同じくハマると思いますので、
気になった方はチェックしてみてはどうでしょう。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
ホームルーム 遺書、公開。 あなたの鼓動を見させて

アイリスプラザ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:サスペンス
posted by Ten-Ten at 07:01| Comment(0) | ホラー・サスペンス(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

奨学金を返済するために裏社会へ『ハスリンボーイ』



原作:草下シンヤさん 作画:本田優貴さんの作品『ハスリンボーイ』(小学館)

大学に通う久保田タモツは
普段は大学生なのですけど、
裏の顔を持っているんです。

奨学金制度を使って大学に入ったのですが、
社会人になるまでに完済を目指しており、
裏社会へと足を踏み入れたんです。

・・・といっても、
どっぷりと裏社会へつかるわけではなく、
裏社会の住人に必要不可欠な「非合法ツール」を
扱う「道具屋」として稼いでいたのです。

裏社会で使われている携帯電話や鍵など、
注文を受けるととあるルートから仕入れて
利益をのせて売るという危ない仕事をしている
大学生を描いた作品になっています。

奨学金を返すためとはいえ、
こんな危険な仕事をするなんて・・・
なんて思うのですが、
読み始めたらすぐに引き込まれるような
ノンストップで描かれていますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
ただ離婚してないだけ マトリズム 君に愛されて痛かった

靴の総合通販 ABC-MART


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:サスペンス
posted by Ten-Ten at 07:11| Comment(0) | ホラー・サスペンス(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

戦隊モノのピンクばかり集められて異世界でサバイバル『ピンクロイヤル』



あまのあめのさんの作品『ピンクロイヤル』(ジーオーティー)

将来の夢を見つけられず、
部活に打ち込む松山桃美は
弓道の大会へ向かう途中、
近道しようと公園を横切っている時に、
ジョギングしていた女性が倒れるのをみて
助けようと近寄ったところ、
桃美も意識がなくなってしまったのです。

次に目が覚めると、同じような年代の女性が
閉鎖された部屋に集められていて、
そこには先ほど倒れた女性もいたのです。

ここに集められた女性たちは
出口を探したのですが見当たらず、
どうしようかと思っている時に
ゴブリンのような生き物が襲いかかってきたのです。

そして次々に女性たちを惨殺していくのですが、
桃美はその場から逃げ出したのですけど、
囲まれてしまうのですが、
ここへ連れてこられた時に腕に付けられていた
子供の頃に見た戦隊ヒーローの変身道具を使い
変身ポーズをとってみると、
ブキレンジャーのピンクアローに変身したのです。

そしてゴブリンのような生き物を次々と倒していきました。

・・・といった感じで始まる
異世界に飛ばされた少女たちが
戦隊モノのヒロイン(ピンクばかり)に変身し、
囚われになっている仲間を助け生き抜く・・・という
サバイバル系のヒロイン作品になっています。

何故、彼女たちが異世界へと飛ばされたのか・・・
また、1巻の巻末では現代世界へと戻ってきていたりと、
謎がまだあるのですけど、
戦隊モノなどが好きな人にはハマると思いますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
ライフ2 ギバーテイカー スズキさんはただ静かに暮らしたい 僕はどこから

アイリスプラザ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 06:50| Comment(0) | ホラー・サスペンス(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

持ち主がいない部屋に忍び込み暮らす人々『ヒル・ツー』



今井大輔さんの作品『ヒル・ツー』(新潮社)

この作品なのですが、
不当に手に入れた鍵を使い、
その部屋の持ち主がいな不在の時間を使い、
そういった部屋を転々と渡り歩き生活する
通称「ヒル」と呼ばれる人物を描いた
ヒル』の続編になっているのですが、
前作の「ヒル」とは違い、新たな「ヒル」が登場します。

母子家庭で育った四宮ユウキは
母親の元を出て一人暮らしを始め、
高校認定をとって大学進学を目指し、
日々バイトと勉強に明け暮れる生活をしていました。

ある日、いつものようにバイトから帰ってくると、
自分の部屋に刃物で刺された男を発見し
警察に通報するのですが、
その男の意識が回復すると、
自ら四宮ユウキとなのり、
ユウキを指さし自分を刺した犯人だと言い出したのです。

いきなりのことで動揺したユウキなのですが、
自分の免許書などを刑事に診せるものの、
相手の男も写真付きの免許を持っていたんです。

刑事はユウキに疑いの目をむけると
警察に同行をもとめはじめたのですが、
ユウキは同行せずに逃げ出してしまったんです。

一度、家に帰り、荷物を持って逃げ出そうとしたときに、
ひとりの少女と出会います。
この少女はアパートの外でたまに見かけたりしていた少女で、
逃がしてあげると言い出したんです。

この少女は人の不当な方法で鍵を手に入れて
家主のいない間に部屋で時間を過ごしている「ヒル」で、
ユウキの部屋にいた男を刺した人物だったのです。

・・・といった感じで始まる
住人のいない部屋を転々として暮らし生き続ける
「ヒル」を描いたサスペンス作品になっています。

前作とはちょっと違った感じの展開なのですけど、
すごく興味をひくストーリーになっていて、
今回もどっぷりとハマってしまいました。

前作を知らない人でも
この作品から読んでもわかるので、
気になった方は読んでみてください。

きっと、前作も読みたくなると思いますよ。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
殺し愛 ナリカワリ 監禁婚

電子貸本Renta!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:サスペンス
posted by Ten-Ten at 08:17| Comment(0) | ホラー・サスペンス(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

水没した町をバスタブに乗って脱出『バスタブに乗った兄弟 ~地球水没記~』



櫻井稔文さんの作品『バスタブに乗った兄弟 ~地球水没記~』(双葉社)

男子高校生の春生は、誕生日の前日、
17歳になる前に童貞を卒業したいと思って
おっぱいがでかいだけでブスの馬場なら
酒を飲ませたらどうにかできるだろう・・・
と部屋に連れ込むのですが、
好きな女の子でないとイケない・・・と
あきらめて家へ帰すことに・・・

その夜、酔いつぶれて寝てしまうのですが、
翌日、目を覚ますと世界は一変していたんです。

天井付近まで水が入ってきており、
命からがら家から脱出し屋根の上から町を見てみると、
見渡す限り水に浸かっていたんです・・・

そこへ一緒の家で暮らしている引きこもりで
嫌いな兄が現れ、
流れてきたバスタブに乗り、
家をあとにし、漂流することになったんです。

水に沈んだ町にはサメがうようよしており、
逃げ出してきた人間を襲ったりする・・・という
パニック系のサバイバル作品になっています。

何故、町は水に沈んだのか
まだわからないのですが、
絵は決してうまくないのですけど
引き込まれるストーリーになっていますので
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
夢で見たあの子のために 血の轍 マイホームヒーロー

コミックシーモア


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:脱出 水没
posted by Ten-Ten at 08:17| Comment(0) | ホラー・サスペンス(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする