2021年01月12日

メイコの左目には怖い秘密が・・・『メイコの遊び』

メイコの遊び

岡田索雲さんの作品『メイコの遊び』(双葉社)

時は1973年。
父親の仕事の都合で大阪で暮らすことになったメイコは
学校にも通ったことがなく、
友達ともあまり遊んでいませんでした。

ある日、空き地で遊んでいる少年のアスマが
メイコに声をかけて
一緒に遊ぶことになりました。

いろいろな遊びを覚えていくメイコが
少しずつ変わっていくことに・・・

・・・このような書き方をすると、
親の都合で引っ越ししてきた子供が
新しい土地で友達と遊ぶ感じの
ほのぼのとした作品に感じるでしょう。

でも、メイコは父親に連れられて
夜に知らないおじさんの精神を壊す・・・
そんなことをしていたのです。

メイコは左目に眼帯をしており、
その下に隠された目を見たものは
メイコが作り出す世界へと精神を連れていかれ
残虐なことが起こり精神が崩壊してしまうんです。

アスマと遊ぶようになったメイコは
教えてもらった遊びで
メイコの作り出した世界で知らないおじさんの
精神を崩壊していくのです。

新たな遊びを覚えると、
その遊びで次々に知らないおじさんの精神を壊すのですが、
かなりグロテスクな描写が妙な世界観で
引き込まれる作品になっていますので、
興味ある方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
火葬場のない町に鐘が鳴る時 概念ドロボウ ピンキーは二度ベルを鳴らす

auの電子書籍ストア【ブックパス】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ホラー
posted by Ten-Ten at 08:44| Comment(0) | ホラー・サスペンス(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

犯罪者ばかり集められた無人島で生き残るためのサバイバル『無法島』

無法島

森恒二さんの作品『無法島』(白泉社)

20××年、増え続ける凶悪犯に対し、、
政府は試験的に流刑制度を復活させました。

死刑に相当する凶悪犯をとある島(通称 無法島)に送り込み、
ここで生活させることにしてみたのです。

家族を惨殺された現場にいただけで殺人犯扱いされ、
ここに送り込まれてしまった青年。

まわりには人を殺した人物ばかりのこの島で
どのように生きていくのか・・・

森恒二さんの別の作品『自殺島』というのがありましたが、
この作品も同じような島に送り込まれた人々が
サバイバルする作品になっています。

前作では自殺未遂をした人物が島に送り込まれたのですけど
今回は殺人者ばかりで、
様々な過去を持つ人間が
どのように奪い合い、殺し合いしていくのか・・・
また、そういった人間ばかりではなく、
どのように生き抜いていくのか・・・
描かれると思うので、
前作の『自殺島』が好きだった人は
読むことをオススメします。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
インゴシマ 骨の髄まで私に尽くせ。 隣の悪女

国内最大級の総合電子書籍ストア BookLive!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 08:16| Comment(0) | ホラー・サスペンス(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

出て行った母親を待つ兄妹の兄が殺人者と入れ替わってしまい・・・『水溜まりに浮かぶ島』

水溜まりに浮かぶ島

三部けいさんの作品『水溜まりに浮かぶ島』(講談社)

幼い2人の兄妹(湊と渚)が
しばらく帰ってこない母親を待ちながら
アパートで暮らしていました。

ある日、学校に現れた母親は
急に遊園地に行こう・・・と言い出し、
3人で行くことに・・・

雨の降る中、最後に兄妹2人を観覧車に乗せると、
その後「さよなら」と残し、
再び2人の前から姿を消すんです。

すると観覧車に雷が落ち、
意識を取り戻した湊の前には
渚ではなく、知らない女性が倒れていたのです。

そしてガラスに映る自分が
大人になっているのに気づき・・・

湊が入れ替わった男は強盗殺人犯で、
観覧車内に倒れていた女性は共謀犯・・・

まずはこの場から逃げ出し、
湊の体を追うのですが、
不審者と思われ近づくことができず・・・

強盗に入った事務所からも
警察からも追われることになりなるのですが・・・

・・・といった感じで始まる
入れ替わり系のサスペンス作品になっています。

読み始めてすぐに
三部けいさんらしい作品だなぁ~
なんて感じてしまいました。

湊の姿になってしまった犯人、
犯人の姿になってしまった湊、
2つの視点で楽しませてくれる感じになっていますので
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
ホームルーム 遺書、公開。 あなたの鼓動を見させて

★ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:サスペンス
posted by Ten-Ten at 08:00| Comment(0) | ホラー・サスペンス(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

ちょっと変わった視点で描かれたアンダーグラウンド作品『ミミクリ』

ミミクリ

ai7nさんの作品『ミミクリ』(太田出版)

この作品なのですが、
かなりグロテスクやエロティックな描写があるのですが、
なぜか引き込まれる・・・
そんなアンダーグラウンドな作品になっています。

登場するのは名もない少女たちで、
集団の中からひとり・・・またひとり・・・と
消えていく(食べられていく)・・・
チョコレートを描いていたり、
集団で並べられた状態で、
上半身を一気に切られ食べられていく
トウモロコシを描いていたり、
食べ物が少女に擬人化されて、
食べられていく様が描かれています。

本当にグロテスクな描写なのですが、
なぜか次が気になりページをめくりたくなる・・・
ちょっと中毒性のある内容になっていて、
この手の作品が好きな人には
きっとハマるとおもいますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
ゾンビバット 夜市 バスタブに乗った兄弟 ~地球水没記~

ひかりTVブック


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ホラー
posted by Ten-Ten at 08:03| Comment(0) | ホラー・サスペンス(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

魍魎に持ち去られた師匠の体を探し出す少女『魍魎少女』



白石純さんの作品『魍魎少女』(徳間書店)

この世の様々な化け物たち(魍魎)を
切って、刻んで、すり潰して、
何かと役に立つ種を作り売り歩いている
魍魎屋という商売をしていた雪之条は
同業者でライバルの八房という男に殺され、
体を七つに引き裂かれ
八房の魍魎に持ち去られてしまいました。

雪之条には林檎丸というひとりの弟子がいて、
この少女なのですが死ねない体を持っており、
八房の魍魎に持ち去られた師匠の体を
魍魎屋として各地を回りながら探していくんです。

・・・といった感じの
バトル要素の強いホラー作品になっています。

林檎丸は死ねない体だけでなく、
洞察力や素早さ、力なども兼ね備えていて、
かなり能力の高いキャラで、
八房の魍魎たちとバトルして
師匠の体を取り戻していくのですが、
この世界観だけでなく絵も上手く、
キャラクターやストーリーもよいので、
今後、注目されるのでは・・・
って内容になっていますので、
今からチェックしておくのもいいかもしれませんよ。

【PR】オススメ ホラー・サスペンス系漫画
死人の声をきくがよい 鬼畜島 亜人

パワーストーンアクセサリーの「Fairy Kiss」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 06:59| Comment(0) | ホラー・サスペンス(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする