2019年11月08日

ぶつくさと言い訳しながらご飯を作っているのにハマりました^^;『いいわけごはん』



杏耶さんの作品『いいわけごはん』(幻冬舎)

この作品なのですが、
多忙なマンガ編集者の女性と
不規則な生活を送っている在宅デザイナーの男性とが
ぶつくさと言い訳をしながら食事を作って食べる・・・
ちょっと変わったグルメ漫画になっています。

一人暮らしをしている人って
仕事で遅くまで働いた後、
自炊するのは大変だと思います。

この作品に登場する2人もそのような感じなのですが、
生きていくためには食べなきゃ・・・ってことで、
文句を言いながらも料理を作るのですが、
美味しいのが伝わってくるものばかりでした。

作品はほのぼのとしたタッチで描かれているのですが、
料理だけは本格的なタッチで描かれているだけでなく、
簡単に作れるようなレシピなどもあり、
料理をあまりしない方も
これなら作れるかも・・・なんて思える料理もありますので、
漫画で楽しみつつ、料理のレパートリーを増やすために
読んでみるのもいいかもしれませんよ。

【PR】オススメ コミックエッセイ
その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 中国嫁日記 おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活

靴の総合通販 ABC-MART


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:グルメ
posted by Ten-Ten at 06:44| Comment(0) | コミックエッセイ(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

性同一性障害の男性が女性になるまで『生まれる性別をまちがえた!』



小西真冬さんの作品『生まれる性別をまちがえた!』(角川書店)

この作品なのですが、
元男性で性同一性障害に悩んでいた
作者である小西真冬さんが
女性の身体になるために性別適合手術を受けた
実体験をエッセイにした作品です。

男性から女性へと手術で変わる・・・
なんて普通の人では思わないのですが、
性同一性障害で悩んでいる人にとっては
自分のこれからの人生にとって
どちらの性別で生きていくか
とても大切なことだというのが
この書籍を読んで伝わってきました。

また、手術の過程やあらゆる痛みに耐えたことなど
赤裸々に描かれているのでいて、
本当なら相当重い感じになるのでしょうけど、
伝わりやすく、笑いなどを交えて描かれていました。


この作品と同じように
男性から女性へと性転換手術の過程を描いた
平沢ゆうなさんの作品『僕が私になるために』
を読んだときにも思ったのですが、
性同一障害で悩む人にとっての苦悩というのは
普通の性別の人間にはわからない世界であるのですけど、
そういった人がいるということを知るために
読んでおいて損はなかった作品でした。

最近、某議員さんがLGBTのことで
とんでもない発言をされたのですけど、
こういった人もおられるということを
一人一人が知識を知っておくのも大切かとおもいますので
気になった方はLGBTの書籍など
読むのをオススメします。

【PR】オススメ コミックエッセイ
リアル風俗嬢日記 彼氏の命令でヘルス始めました せいのめざめ 一人交換日記

auの電子書籍ストア【ブックパス】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:LGBT
posted by Ten-Ten at 09:20| Comment(0) | コミックエッセイ(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

あなたは死ぬ前に何を食べたいですか?『おあとがよろしいようで』

おあとがよろしいようで

オカヤイヅミさんの作品『おあとがよろしいようで』(文藝春秋)

あなたは、死ぬ前に何が食べたいですか?

この作品なのですが、
食べるのが大好き・・・という
作者のオカヤイヅミさんが
想像力が豊かだとされる有名作家さんたちに、
死ぬ前に食べたい物や、
死ぬ間際までしていたいこと・・・・
などを聞いて漫画にされたコミックエッセイになっています。

人生で最後に食べたい食べ物なんて
今まで考えたことなかったのですけど、
この作品を読んで、
作家の皆さんはいろいろと考えているのだなぁ~と・・・

・・・で、読み終わった後に、
自分が人生の最後に食べたい物は・・・
なんて思い出していたのですが、
子供の頃に食べた懐かしいものが思い浮かびました。

この作品なのですが、
そんなことを思わせるような不思議な作品ですので、
食べるのが大好きな人は
興味深く読めると思いますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ コミックエッセイ
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 百姓貴族 モテ考 30歳独身漫画家がマイナスから始める恋愛修業

パワーストーンアクセサリーの「Fairy Kiss」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:エッセイ
posted by Ten-Ten at 13:16| Comment(0) | コミックエッセイ(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

年収200万円でも十分楽しめます『おひとりさまのゆたかな年収200万生活』

おひとりさまのゆたかな年収200万生活

おづまりこさんの作品『おひとりさまのゆたかな年収200万生活』(メディアファクトリー)

ひとりぐらしで年収200万円・・・で
暮らしていけますか?

月給18万円弱で家賃、水道光熱費、通信費、
食費に仕事場までの交通費などを引くと
5万円あるかないか・・・
それで衣類や交際費、生活用品などにも使うと、
貯金できるのはわずかかもしれません。

この作品なのですが、
切り詰めた節約・・・ではなく、
無駄なお金を使わないようにして、
ゆとりある節約をすれば
年収200万円でもゆたかに暮らせるような
「ゆる節約生活」のコミックエッセイになっています。

実際に一人暮らしでも
上をみたらきりがなく200万円でも足りない・・・
なんて人もいるかもしれませんが、
月に最低どれだけ必要なのか・・・というのを知っておけば、
そこから残ったお金はプチ贅沢できるわけで・・・

そんな裏ワザなどが描かれており、
一人暮らしにはためになる作品になっていました。

毎月、厳しいなぁ~なんて暮らしをしている人は
この作品を読むと、こんな節約ができるんだ・・・
って目に鱗なようなことも描かれていると思いますので、
気になった方はチェックしてみてはどうでしょうか。

【PR】オススメ コミックエッセイ
ごはんのおとも ひとりぐらしもプロの域 百貨店ワルツ

ハーレクイン公式ネットショップ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:暮らし
posted by Ten-Ten at 07:59| Comment(0) | コミックエッセイ(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

次こそ私が結婚して寿退社する『おつぼね!!!』

おつぼね!!!

あゆおさんの作品『おつぼね!!!』(あさ出版)

勤続12年で会社ではベテランの域に達している
独身女性の蒼井都季なのですが、
同期入社の女性たちはほとんど結婚し寿退社しており、
最後に残っていた同期の女子社員も、
このたび結婚するからといって寿退社していきました。

今まで仕事をしてきた同僚が
すべて結婚してしまい、
上の先輩たちと同じように「お局」になるのを
恐怖に思っていました。

いつか自分も結婚して寿退社をしたい・・・
なんて願うOLのエッセイ作品になっています。

この作品なのですが、
お局と呼ばれる名宇井恵子、帝しげ子の2人に振り回されつつも
ついに自分も「お局」の域に入ってしまった蒼井。
新入社員や若手社員とのジェネレーションギャップがあるも、
出来るだけ若くいたいと奮闘する姿が
ちょっと痛くもあり・・・可愛くもあり・・・

お局と若手との間で揺れる蒼井が
面白く描かれた作品で、
アラサー女性・・・特にOLをしている女性なら
共感する部分も多いかもしれませんので、
面白く読めると思いますよ。

【PR】オススメ コミックエッセイ
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ 花嫁は元男子。 出産の仕方がわからない!

レディースファッション通販「Pierrot(ピエロ)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:女性向け
posted by Ten-Ten at 06:31| Comment(0) | コミックエッセイ(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする