2019年10月07日

バイトと先輩とのほんわかとしたコミックエッセイ『バイトの古森くん』

バイトの古森くん

せかねこさんの作品『バイトの古森くん』(KADOKAWA)

とあるショッピングモールにあるお店に
見た目は童顔で可愛い男性の古森くんが
アルバイトとしてはいってきました。

先輩であるせかねこ(作者)が
教育係としてなったのですが、
実は古森くん・・・せかねこさんよりも年上だったのです。

童顔で可愛い系の古森くんと
ちょっと男勝り?な部分のあるせかねこさん、
そしてゆるすぎる(それほど忙しくないお店)で起こる
日常を描いたコミックエッセイになっています。

なんだろう・・・ありふれた職場の
ゆるゆるとした風景なのですが、
このゆるゆる感がとても心地よく、
ついつい読み進めていってしまう・・・
そんな話が詰まっています。

身構えて読むと面白くない・・・
なんて感じてしまうかもしれませんので、
読むのであれば
ゆるっとした気持ちで読むことをオススメします。

【PR】オススメ コミックエッセイ
ラブ考 女子刑務所へ入っていました 年の差夫婦はじめました。

パワーストーン・誕生石の通販サイト「Pascle(パスクル)


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:店員
posted by Ten-Ten at 06:40| Comment(0) | コミックエッセイ(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

京都の人もあまり知らない京都の魅力を再発見『深ぼり京都さんぽ』

深ぼり京都さんぽ

グレゴリ青山さんの作品『深ぼり京都さんぽ』(集英社)

「京都人京都知らず」・・・こんな言葉があるように、
京都に生まれ育った人って、
京都に住んでいるということで、
いつでも京都観光に行ける・・・
なんて思っている人が多く、
京都が好きな他の地域の人たちよりも
自分たちが住んでいる京都のことを
知らない人が意外に多いんです。

僕も京都に生まれ京都に暮らしているので
その一人・・・といってもいいかもしれないです^^;

作者のグレゴリ青山さんも
同じように京都のことをあまり知らなかったようで、
書籍を書く仕事を通じて京都に触れあい、
京都の魅力を再発見されておられるようです。

有名な観光地などは
いろいろな書籍が出ているので
そういったのを参考にすれば行けるのですけど、
この著書は隠れた京都の魅力が紹介されている・・・
そんな京都の本にです。

京都通の人でも十分楽しめる作品になっていますので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ コミックエッセイ
その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 中国嫁日記 おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活

アイリスプラザ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:京都
posted by Ten-Ten at 07:14| Comment(0) | コミックエッセイ(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

パグ好きによるパグ好きのためのコミックエッセイ『パグまんが めー語』

パグまんが めー語

よしこさんの作品『パグまんが めー語』(河出書房新社)

この作品なのですが、
パグ(犬の種類)愛がぎゅ~っと詰まった
パグ好きのためのコミックエッセイになっています。

実際にパグを飼ったことはないのですけど、
こんなかわいい行動をするのなら、
一緒に暮らしてみたい・・・なんて思うほどです。

また、パグを飼っている人なら、
パグの行動を細かく描いてあり、
「あるある~」って思いながら
楽しく読めるのではないでしょうか。

↑のようなパグの行動だけでなく、
パグを主人公にした
「パグで読む名作劇場」イラスト風の1コマ漫画があり、
個人的にこれがすごくツボにはまりました。

これだけシリーズ化して
1冊の作品にしても僕は買うと思います^^;

【PR】オススメ コミックエッセイ
ごはんのおとも ひとりぐらしもプロの域 百貨店ワルツ

ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:癒し
posted by Ten-Ten at 06:54| Comment(0) | コミックエッセイ(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

一人暮らしも慣れればプロとなる『ひとりぐらしも極まれり』

ひとりぐらしも極まれり

カマタミワさんの作品『ひとりぐらしも極まれり』(メディアファクトリー)

ひとりぐらしもプロの域』『ひとりぐらしも神レベル
に続き『ひとりぐらし』シリーズもこれで3冊目。

続編が出るにしたがって
作者であるカマタミワさんの
一人暮らしのレベルが上がっていっています。

ひとりぐらしもプロの域』の頃は
一人暮らしに必要なことや、
出来れば便利であろう・・・ってことなどを
わかりやすく書いてあったのですけど、
作品が進むにつれて、
一人暮らしをただするのではなく、
楽しむことをメインに描かれてくるようになりました。

今回はちょっとしたお出かけや、
普通、一人では行かないような場所などに行って
楽しめるようなことまで描かれていました。

この『ひとりぐらし』は
女性が一人でも楽しく生きていける・・・
そんなのをメインに描かれているので、
一人暮らしに疲れ気味の方は、
読んで楽しく過ごすのもいいかもしれないですよ。

【PR】オススメ コミックエッセイ
女子校デイズ 男がいない青春だって良いもんだ まんが浪費図鑑 キミのお金はどこに消えるのか

クセ付け用二重美容液「二重記念美」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:一人暮らし
posted by Ten-Ten at 06:32| Comment(0) | コミックエッセイ(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

なんだかんだ言ったって仲良し夫婦『ぼくの嫁の乱暴な愛情』

ぼくの嫁の乱暴な愛情

原作:5歳さん 作画:松本あやかさんの作品
ぼくの嫁の乱暴な愛情』(KADOKAWA)

付き合う前は可愛い女の子だったのに、
結婚して2人の子供が生まれた妻は
乱暴な言葉遣いや行動をするように・・・

そんな妻のマミ、夫のこうすけの
日常を描いたコミックエッセイになっています。

結婚すると女は変わる・・・なんて
よくいわれるのですが、
この作品はまさにその通り・・・なのですが、
乱暴なんだけれどもすごく愛情が詰まっていて、
なんかいい夫婦なんだなぁ~って感じる作品です。

キスをせまると避けるくせに、
旦那からしないと怒る・・・
大きな声が出せない電話口で
「愛してる」を言わそうとする・・・

もう、ツンデレ・・・というよりも
ツンが何倍も多いツンツンツンツンツンデレ
といった感じの妻の愛情を
素直に受け入れている夫がある意味すごいです。

結局は仲のいい夫婦というのが
伝わってくる作品ですので、
こんな夫婦があってもいいのではないでしょうかね。

オススメ コミックエッセイ
  

レディースファッション通販「Pierrot(ピエロ)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:夫婦生活
posted by Ten-Ten at 08:25| Comment(0) | コミックエッセイ(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする