2019年09月01日

うつ病の人との付き合い方は・・・『マンガで分かる心療内科 うつを癒やす話の聞き方編』

マンガで分かる心療内科 うつを癒やす話の聞き方編

原作:ゆうきゆうさん 作画:ソウさんの作品
マンガで分かる心療内科 うつを癒やす話の聞き方編』(少年画報社)

ゆうきゆうさん、ソウさんのコンビが描く
マンガで分かる心療内科』シリーズは、
心理学の作品などが好きな人なら
一度は読んだことのある作品ではないでしょうか。

そんなシリーズから、
今回はうつ病をテーマにした内容になっています。

うつ病は誰にでもなりうる病気で
もし、自分が・・・もし、身内がうつ病になってしまったら、
どのような対応をすればいいのか・・・
そんなことが面白おかしく描かれています。

うつ病は精神的な病気で
頑張ろうとする気持ちはあるものの、
1日中、気持ちが落ち込んだままだったり、
精神状態の浮き沈みなどが激しいことも・・・

また、うつ病の人に対してやってはいけない禁句などもあり、
そういったことがわかりやすく描かれています。

↑でも書きましたが
うつ病は誰にでもおこりうる病気で、
現在も患者は増加しているようです。

周りにうつ病の人があらわれるかもしれません。
そんなときのためにこの作品を読んで
最低限の接し方などを
覚えておくのもいいかもしれないですよ。

【PR】オススメ コミックエッセイ
うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち しんさいニート 大家さんと僕

動画配信サービス「プレミアムTV with U-NEXT」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:うつ病
posted by Ten-Ten at 06:25| Comment(0) | コミックエッセイ(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

漫画で依存症の仕組みがわかる『マンガで分かる心療内科 依存症編(酒・タバコ・薬物)』

マンガで分かる心療内科 依存症編(酒・タバコ・薬物)

原作:ゆうきゆうさん 作画:ソウさんの作品
マンガで分かる心療内科 依存症編(酒・タバコ・薬物)』(少年画報社)

この作品なのですが、
「あなたは何かに依存していますか?」
・・・といった感じで始まります。

多分、ほとんどの人は依存していない・・・
と答えるでしょう。

でも・・・
時間ができるとスマホを触ってしまう・・・
毎日、お酒をのまずにいられない・・・
口寂しくなるとついつい甘いものを食べてしまう・・・

これらも一種の依存症といえるでしょう。

そんな依存症の中で、
やめたくてもやめれない、
人に迷惑をかけてしまう・・・
そんな「酒・タバコ・薬物」の依存症の
見分け方、解決方法などが
詳しくかかれています。

実際に依存症までいっていなくても、
「酒・タバコ」はやめたいなぁ~っていう人は
この本を読むと依存症のしくみなどもわかって
やめれるかもしれませんよ。

「酒・薬物」に関しては
自分だけでなく、家族や周りの人間にも
迷惑がかかるので、
依存症にならないように気をつけてもらいたいものです。

【PR】オススメ コミックエッセイ
実は私セックスレスで悩んでました 今日も拒まれてます ~セックスレス・ハラスメント嫁日記~ 不倫サレ日記。 結婚9年目で33歳子なし兼業主夫が不倫されてみた

ハーレクイン公式ネットショップ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:依存症
posted by Ten-Ten at 06:58| Comment(0) | コミックエッセイ(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

漫画で漫画の歴史を勉強しましょう『まんがでわかるまんがの歴史』



原作:大塚英志さん 作画:ひらりんさんの作品
まんがでわかるまんがの歴史』(角川書店)

この作品なのですが、
世界の漫画文化や、
そこから独自に進化していった
日本の漫画文化の歴史を追って紹介した
漫画の歴史書ともいっていい作品になっていました。

子供の頃、絵本やアニメなどといった
実写ではない絵で描かれた世界を知り、
そこから漫画という存在を知るようになったのですが、
僕の中では手塚治虫さんや赤塚不二夫さんなどの
いわゆる「ときわ荘」で描かれていた
漫画家さんの作品などが
一番古い漫画のイメージです。

それ以前、日本にどのように
漫画文化が入ってきたのか、
どのように進化していったのかが
詳しく描かれていて、
興味深く読むことができました。


以前、同じ作者である大塚英志さんの書籍
世界まんが塾』も読んだのですが、
こちらは日本の漫画が
世界からどのようにみられているか・・・
というのが詳しく書かれている書籍になっているので、
合わせて読むと漫画を
さらに楽しく読むことができると思いますよ。

【PR】オススメ コミックエッセイ
漫画家ごはん日誌 田中圭一のペンと箸 ~漫画家の好物~ マンガで読む心のクスリ

電子貸本Renta!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:漫画の歴史
posted by Ten-Ten at 07:03| Comment(0) | コミックエッセイ(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

このマンガを読んで心の病を治しましょう『マンガで読む心のクスリ』



原作:ゆうきゆうさん 作画:長月みそかさんの作品
マンガで読む心のクスリ』(少年画報社)

体調が悪い時やケガをしたときには
病院でもらったり市販されている薬などを使えば
回復しますよね。

でも、気分が落ち込んでいたときや
何もやる気が出ないとき、朝からゆううつなとき、
失敗したときや何もやる気がでないとき・・・
などといった心の病は薬では治りません。

そういったときには
どう対応するのがいいのか・・・
また気分を変えるにはどうしたらいいのか・・・
など心理的な解決方法を教えてくれる書籍になっています。

もともと心理系の本は漫画であろうと
書籍であろうと、面白ければ読むのですが、
この作品に関しては
大好きな漫画家の長月みそかさんが
作画していたので絵でも楽しめ、
内容でも楽しめて、2倍得した感じでした♪

また、作者であるゆうきゆうさん
マンガで分かる心療内科』シリーズが好きな人も
楽しく読めると思いますので、
気になったらチェックしてみてください。

【PR】オススメ コミックエッセイ
その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 中国嫁日記 おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活

国内最大級の総合電子書籍ストア BookLive!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:心理
posted by Ten-Ten at 06:30| Comment(0) | コミックエッセイ(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

幕末を現代の学校にあてはめたら『もしも坂本龍馬がヤンキー高校の転校生だったなら』

もしも坂本龍馬がヤンキー高校の転校生だったなら

井上ミノルさんの作品『もしも坂本龍馬がヤンキー高校の転校生だったなら』(創元社)

この作品なのですが、
タイトルにもあるように「もしも」の世界として
幕末の日本が学校社会だったら、
こうなっているのではないか・・・というのを
想像で描かれた作品になっています。

〇〇藩や幕府などをそれぞれ高校とし、
藩主などを校長や教師として、
幕末を動かしていた有名な人物を生徒にみたてて
(坂本龍馬や新選組、西郷隆盛や高杉晋作など)
わかりやすく?説明されています。

歴史(幕末)が苦手・・・って人には
面白おかしく、そしてわかりやすく
読めると思いますが、
幕末が大好き・・・という人にとっては、
逆にわかりにくくなっているように思えました。

でも、幕末を高校に例えているという設定が
とても面白く、個人的には楽しめました。

歴史が苦手な人でも
幕末ってこんな人間関係だったのかというのが
わかると思いますので
気になった方はチェックしてみてください。

オススメ コミックエッセイ
中国嫁日記  

カイマークで行く格安国内旅行「スカイパックツアーズ」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:幕末
posted by Ten-Ten at 08:38| Comment(0) | コミックエッセイ(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする