2020年01月21日

マルタさん再び・・・『くーねるまるた ぬーぼ』



高尾じんぐさんの作品『くーねるまるた ぬーぼ』(小学館)

この作品なのですが、
『くーねるまるた』の続編で
今回もマルタが日本を楽しんでいる姿が描かれています。

くーねるまるた』を知らない人へ・・・

ポルトガル人のマリア・マルタ・クウネル・グロソが
(通称 マルタ)が日本の都市工学を研究するために来日し、
その後日本の風土に愛着をもち、
日雇いのバイトをしながら
貧乏な暮らしの中で工夫しながら食生活を中心に
描いた作品になっています。

くーねるまるた』では
一度、ポルトガルに帰国したところで終わっているのですが、
再び日本にやってきて、
今回も同じように食生活を中心に
貧乏な暮らしを楽しんでいる姿が描かれています。

この作品なのですが、
料理の工夫なども楽しんで読めるのですけど、
マルタの人懐っこい性格がとてもよく、
人情系の作品としても楽しく読める作品になっていて、
いろいろな人に読んでもらいたい・・・
そんなストーリーになっていますので、
気になった方は読んでみてください。

きっとマルタに夢中になると思いますよ。

【PR】オススメ グルメ漫画
激辛お嬢さまは自分を罰したい 甘々と稲妻 ごほうびごはん

記念日フラワーギフト「メリアルームMEN」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ほのぼの 人情系
posted by Ten-Ten at 08:13| Comment(0) | グルメ漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

故郷に帰って郷土料理を楽しみます『紀伊半島海町ごはん』



元町夏央さんの作品『紀伊半島海町ごはん』(芳文社)

東京生まれの東京育ちの
作者である元町夏央さんが
伊半島の三重県&奈良県へ移住し、
そこでの暮らしをそのまま漫画にした作品です。

自然豊かな場所で暮らす元町夏央さんは
この地域ならではの食材に出会い、
興奮しながら美味しく食べている姿などは
見ていてうらやましくなるほどです。
やっぱり自然豊かな場所は
食材も豊なんでしょうね。

山の幸あり、海の幸あり・・・と、
食べるの大好きな方には読んでもらいたい作品ですので、
気になった方はチェックしてみてください。

ちょっとおまけを・・・
少し前に『南紀の台所』という作品では
元町夏央さんと同じように
東京から紀伊半島の小さな集落に
引っ越ししてきたヒロインを描いており、
もしかしたら、このヒロインは
元町夏央さんをモデルにしていたのかも・・・

【PR】オススメ グルメ漫画
釣りとごはんと、恋は凪 三十路飯 肉 フォアグラと牛丼

★ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:地域漫画
posted by Ten-Ten at 07:54| Comment(0) | グルメ漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

給料日は贅沢な外食を『給料日のグルメ』



楠本哲さんの作品『給料日のグルメ』(日本文芸社)

真面目一徹のサラリーマンの新藤は
食べ歩きが趣味だったのですけれども、
結婚し、双子が生まれ、
できるだけ倹約をしなければ・・・
なんて思っていたのですけれども、
妻の計らいで給料日だけは
贅沢なひとり飯をしていいと許可をもらいました。

給料日になると、早く仕事が終わらないか・・・
とワクワクしながら定時には仕事を終わらせ
贅沢なひとり飯へと出かけていくんです。

普段では食べられないステーキやウナギ、
エビフライやフレンチ・・・と、
月に1度の楽しい食事風景を描いた
グルメ漫画になっています。

サラリーマンにとってディナーに1万円以上というのは
なかなか手が出せ金額ではなく・・・
だからこそ、日々の仕事を頑張れるんでしょうね。

進藤みたいに月に1度のプチ贅沢をするのもいいかも・・・

【PR】オススメ グルメ漫画
八雲さんは餌づけがしたい。 めしにしましょう かりん歩

コミックシーモア


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:食べ歩き
posted by Ten-Ten at 08:18| Comment(0) | グルメ漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

パティシエ見習いと女子高生とのラブコメ『ケーキ王子の名推理』

ケーキ王子の名推理

原作:七月隆文さん 作画:星見SKさんの作品
ケーキ王子の名推理』(スクエニ)

バカがつくほどケーキが好きな女子高生の有村未羽は
彼氏との2回目のデートでフラれてしまい、
悲しみを癒やすため?やけ食い?のため、
有名なケーキ屋さんへとやってきました。

店に入ると、そこには同じ学校に通う
高校で一番の人気であるイケメンの最上颯人が
パテシエとして修行していたんです。

颯人はイケメンなのに
浮いた話は一切なく、近づいてくる女性たちとも
一切、接触をとらず無視をしつづけるため、
ついたアダ名が「冷酷王子」。

店にやってきた未羽に対しても冷たくあしらうのですが、
どうしてもケーキが食べたかったので
ショーケースに近づくのですが、
ケーキはすべて売れてしまっていたんです。

彼氏にフラれ、ケーキも食べられず・・・
悲しみが頂点にきてしまった未羽はその場に座り込み
泣き出してしまいました。

すると、颯人は未羽が何故泣き出したのか推理を始め、
今日の経緯をすべて言い当てたあと、厨房に戻り、
未羽のためにケーキを作り食べさせたのをきっかけに、
「この店で働いていることを誰にも言わない」という約束をし、
ここから二人の距離が近づいてくることに・・・

・・・といった感じで描かれる
ケーキ好き(オタク)の未羽と、
パティシエ見習いの颯人とラブコメ作品になっています。

この作品なのですが、
ケーキの知識なども細かく書かれている部分もあり、
ケーキの好きな人や甘党の人には
楽しんで読める作品になっています。

もちろん、普通のラブコメとしても楽しめますので、
気になった人は読んでみてください。

【PR】オススメ グルメ漫画
釣りとごはんと、恋は凪 三十路飯 肉 フォアグラと牛丼

カイシン「青汁・プロ」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ラブコメ
posted by Ten-Ten at 06:46| Comment(0) | グルメ漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

料理の婚活イベントから始まるラブストーリー『恋とごはんと虹色日和』

恋とごはんと虹色日和

浅野りんさんの作品『恋とごはんと虹色日和』(少年画報社)

三十歳をこえても仕事ばかりしている陽向明日美は
後輩が料理の婚活イベントに参加するというので、
一緒に参加することにしました。

明日美は仕事だけでなく料理も得意で
今回の婚活イベントでもテキパキと料理してしまい、
他の参加者よりも年齢が上だったり、
料理がうますぎたりして、
別の意味で目立ってしまいました・・・

参加した男性にも悪口を陰口をたたかれたりしている時に、
同じ班になっていた大柄で強面な雨宮享介が
その男性を追い払う形で明日美を助けることに・・・

ここから二人は付き合うことになるんですけど、
今まで恋愛なんてまともにしたことのない明日美と、
大柄で7歳も年下で強面な享介との
(緊張すると強面になってしまうんです)
うぶな恋愛模様が描かれています。

二人とも不器用なのですが、
明日美の作る料理が二人の仲をとりもつというか、
料理を通して惹かれあう様子は
なんだか見ていてほのぼのとする・・・というか、
料理は美味しく食べるだけでなく
人を幸せにするんだなぁ~なんて感じてしまうほど
いい作品になっていますので、
気になった方は読んでみてください。

【PR】オススメ グルメ漫画
R先生のおやつ どこかでだれかも食べている はなれのおねえさん。

パワーストーンアクセサリーの「Fairy Kiss」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:婚活
posted by Ten-Ten at 08:35| Comment(0) | グルメ漫画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする