2020年01月29日

昭和世代の食卓ってこんな感じだった『なまらうまい! たんぽぽちゃんの昭和ごはん』



青沼貴子さんの作品『なまらうまい! たんぽぽちゃんの昭和ごはん』(ぶんか社)

昭和40年代のお話・・・
父親が単身赴任のため、
北海道にある母親の実家で
母親、兄、祖母、叔母(母親の妹)と一緒に
暮らしている小学3年生のたんぽぽ。

この家ではその日により
伝統的な料理担当の祖母、
家庭料理担当の母親、モダンな料理担当の叔母と
それぞれ料理を作る人が違っていたんです。

そんな昭和の食事風景を描いた
ほのぼのとして作品になっています。

昭和の食事風景・・・といっても、
今でもある料理なども多いのですが、
祖母の作る北海道ならではのおかずやお漬物に関しては
あまり馴染みがないので新鮮に読むことができました。

作り方なども描いてあり、
北海道のお漬物は漬けてみたいなぁ~なんて思うほど・・・

また、炊飯器やそのほかの雰囲気も
昭和な感じが出ていて、
この頃を知っている人には懐かしく読める作品ですので、
気になった方はチェックしてみてください。

【PR】オススメ グルメ漫画
侠飯 紺田照の合法レシピ 頂き!成り上がり飯

デジ同人「DiGiket.com(デジケット・コム)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:昭和
posted by Ten-Ten at 08:17| Comment(0) | グルメ漫画(ナ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

変わった野菜を食べてみる『ナゾ野菜』

ナゾ野菜

カレー沢薫さんの作品『ナゾ野菜』(小学館)

昔、百貨店などの野菜売り場などで、
「この野菜、見たことない・・・なんて名前だろう?」
「この野菜、どうやって食べるんだろう?」
なんて、変わった形の野菜や見たことのない野菜があったのですが、
そういった野菜が今ではスーパーでも見かけるようになりました。

今でも変わった野菜を見るたびに、
「誰が食べるんだろう?」なんて思うだけで
自分では食材として使ったことはありません。

そんな変わった野菜や果物などを
作者であるカレー沢薫さんが
自分の持っている料理知識だけで、
料理にチャレンジする・・・という、
無謀?かつチャレンジ精神満載の作品になっていました。

実際、野菜に限らず、
魚介類もグロテスクな生き物もいて、
それらは意外に美味しい・・・というのも事実です。

この作品に紹介されている野菜や果物も
奇妙な形をしているのが紹介されていますが、
僕が食べたこと無いだけで
実際は美味しいのかも・・・なんて思えて仕方がありません。

・・・とはいえ、
冒険する勇気もなく・・・^^;

この作品を読めば、
奇妙な形をした野菜や果物のナゾが
すこしとけるかもしれないですよ。

オススメ グルメ漫画
  

auの電子書籍ストア【ブックパス】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:野菜
posted by Ten-Ten at 08:29| Comment(0) | グルメ漫画(ナ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

食べ物×科学=美味しい『なるほど!カンタン!理系ごはん』

なるほど!カンタン!理系ごはん

高世えり子さんの作品『なるほど!カンタン!理系ごはん』(芳文社)

高世えり子さんといえば、
現在、旦那さんである理工系の研究職との
出会いから結婚まで描かれたコミックエッセイ
理系クン』でヒットを飛ばし、
その後もシリーズ化して有名になられた漫画家さんです。

その高世えり子さんが
この作品ではグルメ漫画に挑戦されました。

ただのグルメ漫画ではなく、
旦那さんが料理などの化学的に説明してあり、
普通のグルメ漫画とはちょっと違った視点で楽しめます。

個人的には高世さんの
料理へのこだわり・・・というのが
ちょっと面白く描かれており、
楽しく読むことが出来ました。

料理って育った環境によって、
作り方や味の付け方なども違ってくるので、
今まで食べていた味が正しい・・・と
思い込んでいる人も多いので、
そのギャップが現れた瞬間の高世さんの反応も
かなりよく描かれていて面白かったです。

普通のグルメ作品には飽きた・・・って人には
ちょっと変わった視点で読める
この作品をおすすめします。

オススメ グルメ漫画
山と食欲と私  

ハーレクイン公式ネットショップ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:グルメ
posted by Ten-Ten at 08:43| Comment(0) | グルメ漫画(ナ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

ニートならではの食事事情『ニートめし!』



まめきちまめこさんの作品『ニートめし!』(双葉社)

優しい母と存在感のない父、社畜の姉と暮らす宮前にぃ子は
今日も明るくニート生活をしています。

働くことはしないのですが、
食べ物にはちょっとうるさく、
ニートということで時間をもてあましており、
自分で出来る範囲での簡単な料理を作り、
毎日、美味しく食事をしている姿を
面白おかしく描いた作品です。

パンがどうしても食べたい・・・けどパンがない・・・
そんな時に炊飯器でパンを焼いたり、
2日目のカレーと残り物で
ちょい足しカレーにしてみたり・・・
体調不良で寝ている姉がいるのに
雑炊を作って見せびらかせながら食べようとしてみたり・・・
(結局、姉にぶんどられましたが^^;)
誰でも簡単にできるような料理も描かれていました。

この作品なのですが、
Twitterフォロワー数十万以上のまめきちまめこさんが
自分のニート暮らしを元に描かれた作品で、
ダラダラとした感じが上手くえがかれていて、
気軽に読める作品ですので、気になった方は
ちょっと変わったグルメ作品として読んでみてください。

オススメ グルメ漫画
  

デジ同人「DiGiket.com(デジケット・コム)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ニート
posted by Ten-Ten at 06:55| Comment(0) | グルメ漫画(ナ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

男子高校生の楽しみは「お弁当作り」『ニコべん!』



角光さんの作品『ニコべん!』(秋田書店)

高校に入学してから昼食時間などには
パシリをさせられっぱなしの残念な少年 函津米典道が
唯一の楽しみで生きがいは
お弁当(キャラ弁)を作ることでした。

今まで父親にお弁当を作っていたのですが、
会社で同僚や部下から冷やかされるのが嫌で、
もう、作らなくてもいい・・・と言われてしまい、
生きがいを失ってしまいました。

でも、お弁当作りはやめずに
自分のお弁当として持ってきていました。

クラスでパシリをさせられていた典道がお弁当を持ってきたことで
お弁当を不良たちに取られそうになり逃げまわり、
着いたところは校舎の屋上でした。

そこには強気な存在でちょっと浮いた存在の梅宮ニコが先客としていて、
お弁当を食べているところでした。
典道が来たことにより、食べようとしていた梅干しを落としてしまい、
梅干しさんに謝れと怒り出しました。

梅宮のお弁当はおかずが梅干しだけという日の丸弁当で、
他におかずが入っていなく、
典道は代わりに自分が作ったお弁当を差し出して立ち去ろうとするのですが、
差し出したお弁当がキャラ弁だったことに気づき、
見られて気持ち悪がられる前に取り戻そうとするのですが、
そのお弁当をみた梅宮は「かわいい」と言いました。

今まで自分が作ったお弁当が褒められたことにより、
これから自分のために・・・梅宮のために
お弁当を作ると決めました。

・・・と言った感じで
お弁当を愛する少年のキャラ弁作りの話になっています。

お弁当や料理って喜んでもらう人がいると
作るのが楽しくなるんですよね。
そんな典道の気持ちが伝わってくる・・・そんな話ですので、
読んでいて元気がもらえると思いますよ♪

オススメ グルメ漫画
  

パワーストーン・誕生石の通販サイト「Pascle(パスクル)


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:弁当
posted by Ten-Ten at 05:51| Comment(0) | グルメ漫画(ナ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする