2019年03月18日

グルメ?な猫が江戸の食事事情を紹介『めしねこ 大江戸食楽猫物語』

めしねこ 大江戸食楽猫物語

木村わさびさんの作品『めしねこ 大江戸食楽猫物語』(講談社)

この作品なのですが、
江戸時代の食文化などを紹介しつつ、
グルメの猫がおいしく食べる姿が描かれている作品です。

この猫はグルメなのか食いしん坊なのか、
美味しく食べるので、
それを見た人が幸せになったり、
その食べ物を食べたくなったりと、
猫が人を幸せにしていきます。

江戸を舞台にして描かれている話が多いのですが、
江戸時代にあった事件がおきた場所に
(京都の池田屋や赤穂浪士が打ちいった場所など)
この猫は現れ、食を通して関連した人々を元気にさせ、
その陰にはこの猫がいた・・・なんて
架空の話なども描かれています。

ただ、グルメな猫を描いているだけでなく、
豆知識のような感じで各話の終わりに
4コマ漫画が描かれていて、
これを読むだけでも江戸時代の食文化がわかり
個人的には本編よりもこの4コマ漫画が気に入ってしまいました^^;

江戸時代のグルメ漫画といえば、
少し前に土山しげるさん作画の
勤番グルメ ブシメシ!』という作品を読みましたが、
こちらも合わせて読めばさらに江戸時代の食文化や食事情などを
詳しく知れるかも・・・

オススメ グルメ漫画
いつかティファニーで朝食を  

日帰りツアーの専門サイト「ポケカル」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:
posted by Ten-Ten at 08:19| Comment(0) | グルメ漫画(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

屋台でバーをする女性バーテンダー『まどろみバーメイド』

まどろみバーメイド

早川パオさんの作品『まどろみバーメイド』(芳文社)

この作品なのですが、
月ある夜に気まぐれで現れる
女性のバーテンダーの月川雪が営む屋台のバーを舞台に描かれる
人情味あふれる作品になっています。

雪は夜が苦手なのですが、
バーテンダーとしての腕はすごく、
お客さんの要望などをカクテルにし出してくれます。

屋台にくるお客さんの舌にも心にも
何かを残す・・・そんなカクテルだからこそ、
もう一度、訪れたい・・・そんな屋台になるのでしょうね。

でも、この屋台は気まぐれなので、
次に会うのはいつになることやら・・・

何故、屋台で営業しているのか・・・
なんてのは、まだ語られてはいないのですけど、
心にしみる話などが多く、
一度、雪の作るカクテルを飲んでみたいものです。

カクテルについて詳しく語られている部分もありますが、
別にお酒が好きではなくても
ストーリーが良く惹きこまれますので、
気になった方は読んでみてください。

オススメ グルメ漫画
ホクサイと飯さえあれば 高杉さん家のおべんとう 

auの電子書籍ストア【ブックパス】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:お酒
posted by Ten-Ten at 09:10| Comment(0) | グルメ漫画(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

美少年が美味しく食べています『味元くんの花マルごはん』



清水はろさんの作品『味元くんの花マルごはん』(ふゅーじょんぷろだくと)

田舎の学校に通う高校生の味元暁は
普段から無口で目立たない存在なのですけど、
食べ物を食べる姿だけは人を引きつけてしまうほど
美味しく食べるんです。

そんな暁の美味しそうに食べる笑顔が
いっぱい詰まった食べるだけ系のグルメ作品になっていました。

人間、だれでも美味しそうに食べている姿を見ると、
その食べ物が食べたくなる・・・
また、幸せを感じてしまう・・・
そんな気持ちになると思います。

この作品なのですが、
まさに、そんな気持ちになる作品で、
読んでいるだけで幸せになりました。

ただ・・・これって完全に女性向けで、
どちらかと言えば可愛い系の高校生が主人公で、
女性なら「可愛い~」って感じながら読むのでしょうね。

僕も可愛い女の子系のこのような作品なら
ハマる・・・というか絶対に読んでいます。

女性向けの作品だから今まで気づかなかったのですけど、
男の子でも女の子でも、おっさんでもおばさんでも、
おじいちゃんでも、おばあちゃんでも、
美味しそうに食べる姿は人を幸せにしてくれると思っているので、
この作品は食べ物を食べている人が好きな人には
かなりオススメの作品になっています。

男の僕でも暁は可愛い・・・って思ってしまいました。
でも、変な気持ちは持っていませんからね^^;

オススメ グルメ漫画
いつかティファニーで朝食を  

ハーレクイン公式ネットショップ


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:食べるだけ
posted by Ten-Ten at 07:02| Comment(0) | グルメ漫画(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

パッとしないサラリーマンが食べてるだけなのに・・・『めしぬま。』



あみだむくさんの作品『めしぬま。』(徳間書店)

この作品なのですが、
パッとしない冴えないサラリーマンの飯沼が
ただ食事をしている姿を描いた作品です。

会社ではパッとしなく
いつも何か食べたい・・・そう思いながら働き、
やっと食事にありつけると、
よだれをたらしながら美味しそうに食べるんですよ。

そして、食べた物などの感想などをメモする・・・
そんな日常を描いています。

ただ、食べるだけ・・・って作品なんですけど、
反則と思えるような表情がまたいいんです!

食べるだけ・・・って作品はよくあるのですが、
普段の時のキャラが弱すぎなんですが、
食べている時のテンションや表情とのギャップが
この作品の売りでもあり、
読んでいるだけで同じものを食べたい・・・
そんな気持ちにさせてくれます。

食べている人を見るのに幸せを感じる人がいるなら、
ぜひこの作品を読んでみることをオススメします!

オススメ グルメ漫画
  

電子貸本Renta!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:食べるだけ
posted by Ten-Ten at 09:11| Comment(0) | グルメ漫画(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

文豪はこういったものを食していた『宮沢賢治の食卓』



魚乃目三太さんの作品『宮沢賢治の食卓』(少年画報社)

この作品なのですが、
銀河鉄道の夜』『雨ニモマケズ』『風の又三郎
などで知られる文豪 宮沢賢治さんが
生涯に出会った愛した食べ物や思い出深い食べ物などを
作品とともに紹介した作品になっています。

前半は妹のトシとの別れを中心とした話で、
後半は作品を発表された頃に
どういった物を食べていたのか・・・
などという食べ物系の話となっています。

実は宮沢賢治さんの作品って
数えるほどしか読んだことなく、
どういった生き方をしてこられたのか・・・
なんてのをほとんど知らなかったのですが、
こういった漫画で人生観を知ってしまうと、
他の作品も読みたくなってしまうんですよね・・・

そういえば、少し前にも
魚乃目三太さんは『ねこまんま』という
夏目漱石さんをモデル?にした作品を描かれているんです。

もしかしたら他の文豪も
こんな感じで食を通しての作品を発表されるかも・・・

最近は文学ブームがやってきていますが、
敷居が高い・・・なんて思っている人も、
このような作品から入られると
文学を楽しめるかもしれないですよ。

オススメ グルメ漫画
  

コラーゲンサプリ「プラズマローゲン18000」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:文豪
posted by Ten-Ten at 08:43| Comment(0) | グルメ漫画(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする