2019年10月10日

クールな女性の百合系作品『不条理なあたし達』

不条理なあたし達

竹宮ジンさんの作品『不条理なあたし達』(白泉社)

仕事が出来る女性、山中エミは
普段からクールで独特な雰囲気をもっており、
素直に人を好きになれなくて、
言葉もキツイこともあり、
周りの人をつい傷つけてしまうんです。

そんなクールなところに惹かれて
女性が近づいてきたり・・・

・・・といった感じで描かれる
クールな百合作品になっています。

春に種田という新人が入ってきたのをきっかけに
少しずつ山中の人間関係(女性関係)が
変わっていくのです・・・

1巻完結でテンポよくストーリーが変わっていき、
一気に読ませてくれる・・・そんな作品になっています。

ネタバレはこのぐらいにして、
普段、柔らかい?百合系の作品を読んでいたのですけど、
こういったクールな関係もいいなぁ~って
感じさせてくれた作品でした。

今度、竹宮ジンさんの
別の作品を読みようかなぁ~

【PR】てんさんのオススメ 女性向け漫画
潜熱 来世は他人がいい 彼女の腕は掴めない

ひかりTVブック


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:百合系
posted by Ten-Ten at 08:00| Comment(0) | 女性向け漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

作者が出会ったLGBTの人たち『ぼくたちLGBT』

ぼくたちLGBT

トミムラコタさんの作品『ぼくたちLGBT』(集英社)

この作品なのですが、
自ら「バツイチ子持ち26歳 バイセクシュアル」と
ツイッターでカミングアウトした
イラストレーター兼漫画家のトミムラコタさんが
自らの体験をもとに、
出会い系サイトなどで出会ったLGBTの人たちを
コミカルに描いた作品になっています。

また、読者からの投稿を元に
描かれた話などもあり、
LGBTの人たちの悩み、思いなどが詰まった
作品になっていました。

昔はLGBTの人たちって
差別や偏見を持たれていたのですが、
少しずつ理解する人も増えてきて
(それでも差別や偏見が無くなったわけではなく・・・)
カミングアウトする人も増えてきています。

僕はLGBTではないのですが、
趣味などは昔から女性が好むようなものが好きだったり、
レディコミなども平気で読む・・・など、
ちょっとその気があるのかも・・・
なんて思う節があったりして、
偏見の目で見られていたので、
LGBTの人たちの気持ちが少しわかるような感じで
LGBT系の書籍や漫画を人より多く読んでいるつもりです。

一般のLGBTの書籍などは
かなり重たい内容なのですけど、
この作品はトミムラコタさんの思いを
そのまま描いた感じになっていて、
面白おかしく描かれているので
LGBTについての入門書?みたいな感じで読んで
LGBTを理解するのにもいいかもしれないです。

【PR】てんさんのオススメ 女性向け漫画
こんな私はだめですか? ヲタクに恋は難しい たくのみ

auの電子書籍ストア【ブックパス】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:LGBT
posted by Ten-Ten at 07:52| Comment(0) | 女性向け漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

渋い趣味をもつ女子高生が見つけた喫茶店には・・・『放課後は喫茶店で』

放課後は喫茶店で

あずさきなさんの作品『放課後は喫茶店で』(一迅社)

女子高校生の柳凛久は友達などから、
今、流行っているカフェなどに誘われても
断ったりしていました。

そのわけは・・・古き良き喫茶店巡りが好きという
女子高生にしてはかなり渋い趣味をもっていたんです。

喫茶店巡りだけでなく、
神社仏閣巡りだったり、別の趣味も・・・

以前から気になっていた町の喫茶店「アネモネ」に
勇気を出して入ってみると、
そこにはクラスメイトの伏見瑛都が
カウンターの中にいたんです。

この店は瑛都の父親がマスターをしていたのですが、
腰を痛めてしまい、瑛都が学校が終わると
マスターとして店を開けているんです。

以前から瑛都のことが気になっていた凛久は
この喫茶店で2人の時間を過ごす・・・
そんなラブストーリーなっています。

今では可愛い飲み物を出すカフェなどが多いのですが、
準喫茶と呼ばれるお店もいいんですよね。
お気に入りの喫茶店を見つけると
凛久のように自分だけの時間を作りに行きたくなる
そんな気分になるかもしれませんよ。

オススメ 女性向け漫画
  

オーガニックセレクトショップ「amasia(アメイジア)」


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:喫茶店
posted by Ten-Ten at 08:29| Comment(0) | 女性向け漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

終の棲家を探す女性を描いた『プリンセスメゾン』

プリンセスメゾン

池辺葵さんの作品『プリンセスメゾン』(小学館)

この作品なのですが、
居酒屋で働き、一人暮らしをしている沼越さんは
自分にあった家を求め、
持井不動産の社員にもすでに顔と名前を覚えられるほど、
モデルルーム巡りを繰り返していました。

わたしにあった、わたしだけの家・・・
“運命の物件”に出会うまで
多分、続くと思われる沼越さんのモデルルーム巡り・・・

そんな沼越さんを見て冷やかす社員もいるのですが、
真剣に自分の家を探す姿に共感をもつ社員などがあらわれたりと、
少しずつ持井不動産の人々も協力しだしました。

女性にとって家とはどういうものなのか・・・
というのを考えさせられる作品になっています。

最初、絵があまり趣味ではないので
3巻が出る頃までスルーしていたのですが、
なにげに手にとって読んでみたら、
沼越さんの家に対する思いがひしひしと伝わってきて、
この作品の世界観にハマってしまいました。

この作品には沼越さんだけでなく、
独り身の女性がたくさん登場し、
それぞれの今の暮らし(アパートなど)も描かれ、
女性にとって家というのはどうあるべきなのか・・・
ってのがなんとなく伝わってきました。

この作品は男性よりも女性の方に読んでもらいたいですね。
きっとあなたの家に対する気持ちも変わってくるかも・・・

オススメ 女性向け漫画
  

ハワイラブカード クレジットカード


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
posted by Ten-Ten at 08:45| Comment(0) | 女性向け漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

文豪が書いた手紙をもとにした『文豪失格 -文豪の恥ずかしい手紙編-』



原作:AIR AGENCY・フロンティアワークス 監修:一柳廣孝さん
作画:千船翔子さんの作品『文豪失格 -文豪の恥ずかしい手紙編-』(実業之日本社)

この作品なのですが、
文豪失格』の続編?にあたる作品で、
文学全集などで作品が知られているような文豪の
あまり知られていない一面を
面白おかしく描いた作品です。

かなりぶっ飛んだ設定で描かれているのですが、
作品からうかがえしれなかったようなことが、
死後に発表された手紙や文章などを元に
描かれているので、
本当にあの文豪がこんな人だったのか
疑いたくもなったりもするのですが、
史実みたいなんですよね・・・

・・・とはいえ、
史実をもとにしているとはいえ、
かなりアレンジしてあるのも事実ですが、
読む側としては史実をしりながらも
楽しめる作品になっていますので、
知られざる文豪の黒歴史を楽しめます。

あと、この作品なのですが、
ちょっとレディコミ目線?BL目線で描かれているので、
男性よりも女性が読むほうが楽しめるのではないかと・・・

興味のある方は、前作の『文豪失格』と合わせて読んでみてください。

オススメ 女性向け漫画
  

美容グッズ『シャンディ』


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:文豪
posted by Ten-Ten at 08:14| Comment(0) | 女性向け漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする