2020年05月29日

男前な性格の彼女は最高に可愛い『僕の彼女は最高です!』



原作:伊織さん 作画:高田タカミさんの作品
僕の彼女は最高です!』(講談社)

原作者である伊織さんが
Twitterでつぶやく彼女とのラブラブな“実話”が
漫画化された作品です。

伊織さんが彼女にフラレてしまったことを
女友達(現在の彼女)にグチっていたところ、
「私と付き合えばいいじゃん! きっと楽しいよ!!」
この言葉に付き合いだした2人。

この彼女なのですが、
伊織さんも自信をなくすような
性格が男前なんですけど、
恋する女の子という一面もあり、
すごく可愛い女性なんです。

こんな彼女だと
一緒にいるだけで楽しいだろうなぁ~
(ちょっとウザいってなる話もありますが^^;)

そんなラブラブな2人の日常を
楽しみながら読んでみてはどうでしょうか。

【PR】てんさんのオススメ 女性向け漫画
ならしかたなし マキとマミ ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~ メタモルフォーゼの縁側

国内最大級の総合電子書籍ストア BookLive!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:ラブコメ
posted by Ten-Ten at 06:15| Comment(0) | 女性向け漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

BL作品のモブキャラの仕事って?『BLモブのお仕事』



やいびさんの作品『BLモブのお仕事』(一迅社)

この作品なのですが、
名前や詳細な設定はなく、
常に場を盛り上げ漫画を陰で支える
モブキャラを主人公にした
ちょっと変わった作品になっています。

このモブキャラ(主人公)なのですが、
さち子というプロアシスタントが描いていて、
アシスタントをした漫画家の作品に
モブキャラとして登場するのですけど、
今までは少女漫画のモブキャラとして描かれていました。

でも、プロアシスタントのさち子が
新しい漫画家のアシスタントにつくことになり、
その作品がBLだったのです。

BLのことを知らなかったモブキャラ(主人公)は
とんでもないBLの世界観に振り回される・・・
そんな作品になっています。

作品はBLでかなり読むのに手こずったのですが、
プロアシが手伝う漫画家が変わることで
モブキャラが振り回される・・・
という設定はかなり面白かったです。

これがBLでなければ
もっと楽しめたのに・・・と思うほど・・・

設定は面白かったのですけど、
BLがダメ・・・って人には
完全に受け入れられない作品ですので、
そのあたりを注意して読んでみてください。

【PR】てんさんのオススメ 女性向け漫画
タイムスリップオタガール 凪のお暇 モブ子の恋

電子貸本Renta!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:モブキャラ BL
posted by Ten-Ten at 06:32| Comment(0) | 女性向け漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

年の差はなれた同じオタ趣味の腐女子たち『腐女子交流記 ~アラサー×JK~』



しののめしのさんの作品『腐女子交流記 ~アラサー×JK~』(角川書店)

アラサーのオタク女子のオタ子は
SNSで知り合ったフジョ美が近所に住んでいることを知り、
初めてのオフ会で会うことにしました。

待ち合わせ場所に現れたフジョ美は・・・
17歳の女子高校生だったのです。

オタ子がフジョ美を知ったのが
絵が上手く、ちょっと古臭かったので
同年代と思っていたのですが、
まさか17歳だったとは思ってもおらず・・・

話が合うのかどうか心配だったのですけど、
同じ趣味を持つ者同士なので、
そういった心配はどこへ・・・といった感じで
意気投合してしまったんです。

年齢は1回り違うんだけれども
オタクな女子2人がくりなす
オタク全開の4コマ漫画になっています。

我こそはオタク・・・だと思っている人なら
共感が持てる話ばかりですので、
気になったという女性は読んでみるのをオススメします。

【PR】てんさんのオススメ 女性向け漫画
うらみちお兄さん 1122【いいふうふ】 能面女子の花子さん

電子貸本Renta!


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:腐女子
posted by Ten-Ten at 08:17| Comment(0) | 女性向け漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

クールな女性の百合系作品『不条理なあたし達』

不条理なあたし達

竹宮ジンさんの作品『不条理なあたし達』(白泉社)

仕事が出来る女性、山中エミは
普段からクールで独特な雰囲気をもっており、
素直に人を好きになれなくて、
言葉もキツイこともあり、
周りの人をつい傷つけてしまうんです。

そんなクールなところに惹かれて
女性が近づいてきたり・・・

・・・といった感じで描かれる
クールな百合作品になっています。

春に種田という新人が入ってきたのをきっかけに
少しずつ山中の人間関係(女性関係)が
変わっていくのです・・・

1巻完結でテンポよくストーリーが変わっていき、
一気に読ませてくれる・・・そんな作品になっています。

ネタバレはこのぐらいにして、
普段、柔らかい?百合系の作品を読んでいたのですけど、
こういったクールな関係もいいなぁ~って
感じさせてくれた作品でした。

今度、竹宮ジンさんの
別の作品を読みようかなぁ~

【PR】てんさんのオススメ 女性向け漫画
潜熱 来世は他人がいい 彼女の腕は掴めない

ひかりTVブック


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:百合系
posted by Ten-Ten at 08:00| Comment(0) | 女性向け漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

作者が出会ったLGBTの人たち『ぼくたちLGBT』

ぼくたちLGBT

トミムラコタさんの作品『ぼくたちLGBT』(集英社)

この作品なのですが、
自ら「バツイチ子持ち26歳 バイセクシュアル」と
ツイッターでカミングアウトした
イラストレーター兼漫画家のトミムラコタさんが
自らの体験をもとに、
出会い系サイトなどで出会ったLGBTの人たちを
コミカルに描いた作品になっています。

また、読者からの投稿を元に
描かれた話などもあり、
LGBTの人たちの悩み、思いなどが詰まった
作品になっていました。

昔はLGBTの人たちって
差別や偏見を持たれていたのですが、
少しずつ理解する人も増えてきて
(それでも差別や偏見が無くなったわけではなく・・・)
カミングアウトする人も増えてきています。

僕はLGBTではないのですが、
趣味などは昔から女性が好むようなものが好きだったり、
レディコミなども平気で読む・・・など、
ちょっとその気があるのかも・・・
なんて思う節があったりして、
偏見の目で見られていたので、
LGBTの人たちの気持ちが少しわかるような感じで
LGBT系の書籍や漫画を人より多く読んでいるつもりです。

一般のLGBTの書籍などは
かなり重たい内容なのですけど、
この作品はトミムラコタさんの思いを
そのまま描いた感じになっていて、
面白おかしく描かれているので
LGBTについての入門書?みたいな感じで読んで
LGBTを理解するのにもいいかもしれないです。

【PR】てんさんのオススメ 女性向け漫画
こんな私はだめですか? ヲタクに恋は難しい たくのみ

auの電子書籍ストア【ブックパス】


人気BLOGRANK にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 
ラベル:LGBT
posted by Ten-Ten at 07:52| Comment(0) | 女性向け漫画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする